地下にレトロな街がある豪邸がワシントンDC郊外で見つかる 郵便局や映画館まであるぞ

ガジェット通信 / 2020年6月1日 6時0分

外観だけでその人の中身や本質がわからないように、家もまたその外観だけでは中がどうなっているのかは想像しがたいものがあったりします。

前の住人がどういう人だったのか謎すぎるアメリカの一軒家 外観からは予想もつかない内装

https://getnews.jp/archives/2549618[リンク]

以前も上記記事のようにアメリカの風変わりな一軒家をご紹介しましたが、またまたかなり変わった一軒家がワシントンD.C.郊外で見つかりました。

https://twitter.com/victoriaxxviii/status/1265635189063065603

ワシントンD.C.周辺の物件を扱う不動産会社、Washington Fine Propertiesのサイトで売りに出されているのがこちらのメリーランド州にある物件です。全くもって謎ですが、なぜか地下にレトロな街が存在しています。

門構えはこちら。

「家の門から玄関までは車で移動」という、アメリカの“豪邸”の条件を満たしている家です。

地下に降りるとそこは別世界。石畳の道路が印象的なレトロな街並みが出現します。

郵便局の隣には映画館があります。『メリー・ポピンズ』と『エクソシスト』という訳わからない組み合わせの2本立の上映となっています。

路上駐車しているアンティークカーの後ろにあるのはスポーツ用品店です。ラスベガスのホテル内にあるショッピングモールとか、テーマパーク内のショッピングモールのような雰囲気です。

人形が乗っているバイクの後ろにはマッサージパーラーがありますね。

価格は450万ドル(約4億8500万円)。以下のリンクから同社エージェントに直接コンタクト可能となっています。

ROUND HILL

11610 HIGHLAND FARM RD

POTOMAC, MD 20854

http://www.wfp.com/listing-showcase/property-details.asp?mlsid=MDMC678718#

※画像:Twitterより引用

https://twitter.com/victoriaxxviii/status/1265635189063065603

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング