血みどろのホラー恋愛ファンタジー!?半神半妖の主人公になりきる『百鬼夜行~怪談ロマンス~』

ガジェット通信 / 2012年10月9日 21時0分

百鬼夜行~怪談ロマンス~

様々な新しい設定が生み出される女性向け恋愛ファンタジーゲーム。2012年10月25日に発売される『百鬼夜行~怪談ロマンス~』(QuinRose)では、妖怪が集まる学園を舞台にするという、斬新なシナリオの乙女ゲームになります。

プレイヤーは半神半妖の竜神の姫に扮し、模範的に振舞うことに窮屈さを感じて、禁を破り死人を生かしている、ということで学園に波紋を呼び、様々な事件が起きる際に様々なキャラクターと交流していきます。

もちろん男性声優陣は豪華。主人公によって生き返らせられた宮前慎二役にアニメ『頭文字D』の藤原拓海を演じておなじみの三木眞一郎、主人公の従弟・龍田恭介役に『超訳百人一首 うた恋い。』で藤原定家がハマり役だった梶裕貴、死神の剣士・椿宗次郎役に『男子高校生の日常』タダクニを演じた入野自由、大きな鎌を武器とする好戦的な死神・響乃武蔵役には『BRAVE10』で真田幸村に起用されるなどますます活躍している森川智之がキャスティングされています。

刀に血

この『百鬼夜行』では、"死"や"血"がキーワードになるでしょう。公式サイトにアップされている画には、血がべったりとついた刀や剣を持った宗次郎と武蔵の様子が描かれています。また、暴力表現があるため17歳以上推奨とのこと。ストーリーの展開次第ではバイオレンスな場面がやってくるのかもしれません。

とはいえ、キャラクターとの恋愛模様が最大の楽しみであることには変わりありません。キャラクターは当然イケメンばかりなので、全コンプリートを目指して遊んでみるのがスタンダードと言えるでしょう。

また、主人公には「誰でもよかった。悪いことをしてみたかった」というセリフがあり、小悪魔的な要素もあるので、そういう存在にあこがれている人にはなりきりプレイが面白そうです。

豪華版特典には、ドラマCDと約100ページにもなる特製冊子が付属。店舗特典も様々ですので、乙女ゲーム好きや声優ファンは公式サイトをチェックしてみて下さい。

PSP (PlayStation&Portable)専用ソフトウェア「百鬼夜行~怪談ロマンス~」

http://quinrose.com/game/hyakki/top.html



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング