1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT

はねプリ -羽根が生えてるアプリが欲しい!- 第23回『パズル&ドラゴンズ』

ガジェット通信 / 2012年10月11日 20時0分

はねプリ -羽根が生えてるアプリが欲しい!- 第23回『パズル&ドラゴンズ』

●『パズル&ドラゴンズ』ってどんなアプリ?

『パズル&ドラゴンズ』は、いわゆるソーシャルゲーム。ダンジョンに潜むモンスターたちを、手元にチームとしてそろえたモンスターたちで倒して進んでいく。特徴的なのが、モンスターとの戦いが、よくあるカードゲームのような作りではなく、パズルゲームになっていること。同じ色のドロップを3つ並べて消すことで、モンスターに攻撃を加えていく。評価時使用バージョン4.1。無料。

●アプリURL

http://itunes.apple.com/jp/app/id493470467?mt=8

●ひとことコメント

「敵のモンスターを攻撃するときに『ぷよぷよ』みたいなパズルをやらないといけないのが、謎というか面白いというか」

レビュア

はぎ:IT業界をひっそりただよう39歳。こないだタモリ倶楽部に出演したことが密かな自慢。

ねり:将来はガンダムパイロットになりたい女子大生。そろそろ就活について考えないと、なお年頃。

はぎ:ねえねえ、キミはソーシャルゲームとかやってるの?

ねり:『アイドルマスターシンデレラガールズ』とかちょっとやってました!

はぎ:それはどういうやつ?

ねり:『アイドルマスター』シリーズのソーシャルゲーム版で、アイドルを集めて育てていく、みたいなやつです。

はぎ:なるほど。僕も一時期、勉強してみようと思ってソーシャルゲームいくつかやってみてたんだけど、なんというかやることなさすぎてダメだったんだよね。よくわからないうちに話が進んで、よくわからないうちに「クリア!」とか「レベルアップ!」とか言われて、なんだそりゃと。

ねり:ああ、それわかります。タップするだけで、自分は傍観している感じというか。

はぎ:そうね、それとなんというか、たぶんアイマスのそれもそうなんだと思うけど、カードゲームだったりしない?

ねり:そうですそうです。

はぎ:僕がやったソーシャルゲームで、街を夜回りして舎弟を集めるってやつがあるんだけど、集めた舎弟はカードになってて、カードとカードを合成して新しい舎弟を作るんだよね。なんだそりゃと(笑)。

ねり:人間が合成されるってどういうことだ、みたいな(笑)。

はぎ:そうそう。なんか怖いよと(笑)。

ねり:でもそれ話を聞くとちょっとおもしろそうですよ。舎弟合成ゲーム。

はぎ:ほんで、あるとき大学生の子に「キミらどういうアプリ使ってるの?」って聞いたら、「はぎさんパズドラおもしろいっすよ」と。

ねり:ほお!

はぎ:で、最近やってみてるんだけど、なるほどこれは面白いなあと。というわけでちょっとやってみて。

ねり:はい!

――数日後――

ねり:はぎさん、『パズドラ』やってみましたよ!

はぎ:どうでしたか。

ねり:びっくりしました! おもしろいです(笑)! いままでタップするだけだったのに、そこにパズルの要素が加わるだけですごいハマっちゃいます。

はぎ:わかる。手持ちのモンスターでチームを作って、そのチームでいろいろ戦いを進めてって、そんでまたモンスターを手に入れて、みたいなところはほぼ他のソーシャルゲームと同じだし、合成やら進化やらガチャやら、そういうおなじみなシステムも満載なんだけど、敵のモンスターを攻撃するときに『ぷよぷよ』みたいなパズルをやらないといけないのが、謎というか面白いというか。

ねり:パズルで連鎖ができれば強い攻撃が出来たりとか!

はぎ:モンスターは、火、水、木、光、闇というそれぞれの属性があるんだけど、火と水と木は互いに三すくみの構造になってて、敵に火のモンスターが多いときは水のブロックを消すようにすると良いとか、連鎖すると攻撃力が上がるとか、なかなか面白い作りだよね。

ねり:あと、私みたいに駆け出しのプレイヤーでも、強い方が助っ人になってくれるのでとっても助かりました(笑)。

はぎ:あ、確かに。毎回の戦闘ごとにひとりフレンドを連れて行けるんだよね。その人が強いと非常にラクになる。

ねり:そうなんです。助っ人さまさまなんです。

はぎ:あと、僕がすごいなと思ったのは、このゲームってけっこう要素は少ないと思うんだけど、その少ない要素の中でいろんなバリエーションを出してるところ。たとえば、本筋のノーマルダンジョンの他に、スペシャルダンジョンがあって、これがいろいろと工夫を凝らしてある。

ねり:各曜日限定のダンジョンとか、強いモンスターが出てくるダンジョンとか。

はぎ:特に土日だけ遊べるダンジョンは、火と水と木のブロックしか出てこないので、連鎖率がハンパなくて、落ちゲーのコンボの気持ち良さを思う存分味わえる。

ねり:わかります! すごい楽しいですよね! 爽快!

はぎ:でもって、この土日ダンジョンはコインをたくさんもらえる。ので、土日に稼いで平日にモンスターを手に入れるみたいな、飽きさせない工夫がいろいろあるなあと。

ねり:そういえばブロックって、最初、縦か横にしか移動できないと思ってたら、どこにでも自分の好きな場所に移動できるんですよね。びっくりしました(笑)。

はぎ:カンタンすぎる……。みたいなね。

ねり:自分や敵のチーム編成も考えながら消さないといけないから「好きな場所に移動できて楽勝!」ってわけでもないんですけどね。

はぎ:話は変わるんだけど、と言いつつ実は変わらないんだけど、こないだ『カルドセプト』買ったのよ。『3DS』の。

ねり:あ、『カルドセプト』って聞いたことあります。カードゲームですよね?

はぎ:そうそう。けっこう前からあるやつで、10年くらい前にも『プレステ2』でやってて、そこそこ面白く遊んでた記憶があるんだけど、今回またやってみて、もうそんな体力ないなって思った。

ねり:あはは(笑)。

はぎ:カード選んでデッキ作って、みたいなことを考えるのが面倒なのよね。そういう意味で、手軽さと気持ち良さと「少しは考えないといけない感」をうまくブレンドしてる『パズドラ』は、すごいなあと思ったわけなのでした。

はぎ:★★★★★ ちょっとだけ考えないといけないところが素敵

ねり:★★★★★ ハマる要素たくさん! おもしろい!



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング