1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT

【アプリ】『Googleマップ』ベースの『ClassicMap』がAppStoreから削除される! 作者が削除理由をツイート

ガジェット通信 / 2012年10月10日 15時20分

『Googleマップ』とアップル製マップの両方を使うことができるアプリ『ClassicMap』を昨日紹介したが、そのアプリに異変が起きた。なんと『AppStore』からアプリが削除されてしまったのだ。削除された理由は不明だが、理由として考えられるのはアップル製地図を無断で利用したこと、アップルの圧力、もしくはGoogleとアップル両方からの削除要請などが考えられる。

そんな憶測が飛び交ったが、作者の『Twitter』に削除理由が書かれている。削除のつぶやきには次のように書かれている。

“あ、いま電話きてAppleからRemoved From Saleです。3点ほど問題がありました。

いや2点か。1. Google Mapが戻ってきたっていう文章が誤解(misreading)を招く、2. Googleの地図をスクレイピングしてるから、という理由でストアから削除したよという連絡がきました。”

とアップルが『AppStore』からアプリを削除したという連絡が来たという。その理由は「Google Mapが戻ってきた」という文章が誤解を招く、『Googleマップ』をスクレイピング(データ部分のみを取り出す手法)を行っていたという理由だとか。同様にGoogleマップを呼び出しているアプリはほかにも存在するが、なぜかそちらはまだ『AppStore』から削除されていない。アップル製地図を使ったことも関係してそうだが……。

作者のツイッター

※画像は『Twitter』より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング