電話で話している時のポーズは? 世代間の違いが話題に

ガジェット通信 / 2020年7月11日 9時0分

ニューヨーク在住のダニエル・アルバラドさんが、家族に「電話で話している時のポーズ」をさせた動画を公開したところ、多くの反響を呼ぶことになりました。

https://www.instagram.com/p/CCW8f5DDDyp/

アルバラドさんの奥さんの「電話で話している時のポーズ」はこうです。ハワイの挨拶みたいですが、親指と小指を広げて受話器の形をしたハンドサインを耳にあてるのが「電話で話している時のポーズ」です。

娘さんに聞くとこうなります。手をそのまま耳にあてるだけ。電話をかけるのはスマホですからね。

息子さんに聞いても同じ答えです。

SNSには以下のようなコメントが寄せられています。

・この動画見たら自分がいかに年とったかを痛感したわ

・時代は変わったってことだよね

・子どもたちがしているポーズって、俺たちにとっては昼寝のポーズだぜ

・今の子たちはスマホを耳にあてて電話なんかしないだろ

・80年代は「電話して!」って言う時、必ずこのポーズしたよね

・「写真撮る時のポーズ」も聞いて欲しいな

・TikTokで話題になった動画ってこれか

・25才ですが、あなたの奥さんと同じポーズをしちゃいます。老けてるってことなんですかね

携帯電話が普及したことで公衆電話やテレフォンカードなども見かけなくなりましたし、メッセージアプリが普及したことで電話で話すこと自体もだいぶ少なくなりました。

「電話で話している時のポーズ」は、10年後どうなっているんでしょうね。

※画像:Instagramより引用

https://www.instagram.com/p/CCW8f5DDDyp/

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング