Facebookになじめない人必見! 「9人まで」「薄毛」「勉強」……「用途別」につながりたい人のためのニッチSNSガイド

ガジェット通信 / 2012年10月15日 23時30分

Facebookになじめない人必見! 「9人まで」「薄毛」「勉強」……「用途別」につながりたい人のためのニッチSNSガイド

ソーシャルネットワークサービス(以下SNS)のFacebook(以下FB)が、10月頭の時点で全世界のユーザー数10億人を突破したという。そのうち日本国内のユーザー数は、1621万人。国内最大手SNSのmixiの登録ユーザー数は、現在発表されている最新データの2012年3月時点によれば2711万人とのことだが、アクティブユーザー数は同時点で1512万人、FBは1500万人。ついでに書いておくとmixiは減少傾向、FBは今なお増加傾向にあり、登録者数とアクティブユーザー数の比率を含めて考えれば、FBの圧勝といっていい。

そんなわけでお友達との交流にはFBだけ使っていても充分に事足りると言いたいところだが、これだけ誰でも使っている状況だと、交流したくない人々とも交流しなければならない局面も出てくるため、参加には二の足を踏んでしまう方々も少なくないだろう。

そこで今回は、「もっと本当に内輪だけでやりとりしたい」人や、「使い道を絞りたい」人が使えそうな、比較的最近スタートしたSNSをいくつか紹介していきたい。

とにかく大人数が苦手という方はこちら、『Close』( http://reventive-world.com/Close/ )だ。特徴はその名の通り、オープンなFBとは対極的に、徹底的に閉じた一部の友人のみでやりとりするため、自分を含めて最大9人までしか登録できないサービス。ただし、どうしても10人以上のグループでやりとりしたい場合は、誰を削るかを考えるのではなく、潔く別のサービスを使うように。

感情の起伏を文章でうまく伝えられない……という方には『FEELPRESS』( http://www.feelpress.com/ja/ )がいいかもしれない。まずは、すでに用意されているフィーリングを選び、その上でコメントをつけられるSNSだ。月ごとに投稿したフィーリングの統計を見ることもできるので、その時期が楽しかったか辛かったかなど、感情単位(?)で過去を振り返るのにも使えそうだ。

自分が苦労しているのに、友人が楽しんでいる姿を見たくないというのも、SNSを遠ざける要因のひとつだろう。であれば無理して使う必要もないのだが、あえてそうした逆境を共有したいという場合なら『Studyplus』( http://cloudstudy.com )。各種参考書のデータを利用し、勉強の進捗具合を記録するとともに、同じ目標を持つ相手と励まし合える。

ほかにも薄毛が気になる人のためのSNS『ピッタLink』( http://www.sns.ft.nttcloud.net )や、ファッション情報を共有できる『iQON』( http://www.iqon.jp )、映画の話題に特化した『CineMatch』( http://cinematch.jp )等々、ジャンルを絞ったSNSが多数存在する。mixiのコミュニティやFBのグループでもいいじゃないかという声もあるだろうが、母体となるSNSが巨大すぎて、ほかの人間関係まで入り込むから面倒くさいというのも事実。いずれも利用無料なので、巨大SNSに疲れながらも誰かとつながりたいなら、これらの利用を検討してみてもいいかもしれない。

(田中元)



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング