大分県と日本赤十字社に計2000万円を寄付した指原莉乃さん 「流石に振り込むとき緊張したので、人間だなあと思いました」

ガジェット通信 / 2020年7月15日 14時15分

7月、豪雨の影響で九州を中心に甚大な被害が出る中、14日にタレントの指原莉乃さんが地元の大分県に1000万円、日本赤十字社に1000万円の寄付を行ったと報じられた。

同日、指原さんはTwitterにて

偽善・売名だと言われても、私の行動で「もう少し踏ん張ろう」と思ってくれる被災された方が1人でもいたら、何か被災した場所・人の力になりたいと思ってくれる人が1人でもいたらなと思っています。

 

額とかじゃなく、できる時にできる人ができる事を。

 

一日も早く皆さんの笑顔が戻りますように。

とツイート。翌15日お昼の時点で35万以上の「いいね」を集めるなどして大きな反響を呼んでいた。

指原さんは続けて

(個人的な事を言うと、流石に振り込むとき緊張したので、人間だなあと思いました)

ともツイートを行う。なんとも指原さんらしいツイート、多くの共感を呼んでいたようだ。「自分も寄付しました」といった返信も少なからずあったようである。

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング