【アプリ】今どの方向に月や太陽があるのか把握できる面白いアプリ『月讀』

ガジェット通信 / 2012年10月22日 23時0分

iPhoneでは宇宙を自在に旅したり星を見てまわったりできるアプリが数々存在する。そんな天体マニアにはたまらないアプリを今回も紹介しよう。『月讀(つくよみ)』というアプリ。起動するとカメラに映った風景に、月や太陽、そして太陽系の惑星が合成されリアルタイムで表示される。現在月がどの位置にあるのか、太陽はどの位置にあるのかが屋内でも把握できる。もちろん日没後の太陽の場所も特定可能で、その星の方位角や高度がリアルタイム表示される。

星はリアルタイムで動くので日の出を待ったり、日没をアプリと一緒に見たりすることも可能。スクリーンショット機能により貴重なシーンを撮影することもできる。お昼だと月の位置が把握しづらいが、このアプリを使うと月がどの位置にあるのか簡単にわかる。実際に秋葉原で星の位置を見てきたのでその画像もご覧頂きたい。また、画面に表示されるのは星だけでなく、数々の情報が表示される。

・水平線 水平線上に8方位

(北0°・北東45°・東90°・南東135°・南180°・南西225°・西270°・北西315°)表示

・水平線と平行に15°毎の高さを示す高度線(緑)

・水平線と垂直方向に15°毎に方位角を示す青線。東、西、南は明るい青、北は紫。

・天の赤道 (赤)

・黄道(黄) 太陽が一年かけて周る道

・白道(白) 月が一ヶ月かけて周る道

・太陽の一日の動き(黄色の点線)

・月の一日の動き(白の点線)

・カメラの向いている方向の方位 (北から見て東回りの角度)水平線からの高度

こちらの『月讀-PlanetsAR-』はiPhone、iPad両対応のユニバーサルアプリで170円となっている。

月讀-PlanetsAR-(iTunes)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング