3DS『とびだせ どうぶつの森』 一瞬で道具を持ち替えるライフハック

ガジェット通信 / 2012年11月8日 19時30分

どうぶつの森2012年11月8日、ファン待望の"どうぶつの森"シリーズ最新作である『とびだせ どうぶつの森』が発売された。シリーズとしては、じつに累計6作目となる。

Nintendo64のころからの古参ファンはもちろんのこと、NitendoDS『おいでよ どうぶつの森』からハマったというファンもいれば、『ぶつ森』シリーズは今作が初めてという人も少なくないだろう。

今回は『ぶつ森』ライフには欠かせない、便利な操作方法を紹介しよう。

●「虫がいた!」 けれども手に持っているのはスコップ!あ、虫が逃げちゃう……

ぜひ知っておきたいのは、「手持ちアイテムを入れ替えは、十字キーの左右」で行えるということ。これ、虫を見つけた時などに非常に有効なのだ。

十字キー←→  :道具の持ち替え(スコップ、虫取りアミ、釣りざおなど)

この操作方法を知らない場合、

「まずXキーで"もちもの"を開いてから、虫取りアミを自分のキャラクターのところにドラッグしてXキー(もしくはBキー)で"もちもの"を閉じる」

という動作が必要になる。しかし、操作中も時間はリアルタイムに流れているので、バッタなどはこの間に逃げてしまうことがある。

あるいはハチを捕まえたい!と思った場合も同様だ。木を揺らしてから慌てて道具リストを開いても、その間にハチに刺されるのが関の山だろう(不可能ではないらしいが、相当早く操作しないといけない)。

ちなみに

十字キー↓ :手ぶらにする

という操作方法もある。これを知っていれば、「スコップを持ったままドアを開けようとして、いきなり村人の家のドアをスコップで殴りだす暴挙」は防げるだろう。また、うまく建物に入れても、何か持っている場合は必ず「しまう」アクションが生じる。手ぶらならば「しまう」動作が生じずすんなりと入れるので、こちらも覚えておきたい操作のひとつだ。

なお、十字キーの上を押すと空を見上げるが、戻そうと思って下を押すと、手持ちの道具をしまってしまう。空を見上げる時と戻すときは、どちらも同じく十字キーの上、と覚えておくと良いだろう。

十字キー↑ :空を見上げる / 元に戻す

他にも、

L+Rで写真撮影 (撮影写真は3DSカメラアプリから確認可能)

セリフ・移動のスピードアップはBだけでなく、LやRでも可能

といった操作の小技が存在する。

しかし、これらは実はパッケージ版に同梱されている「操作説明シート "基本の操作"」に書いてあることなのだ。とはいえ、ダウンロード版で購入した人はこれらの操作を良く知らないままプレイしている人も多いようだ。(そして説明書をよく読まない人も)パッケージ、操作方法操作方法

試しに「すごい裏ワザだよ」と筆者の家族に教えたところ、非常に喜ばれた。よかったよかった。

知っていた人も知らなかった人も、"村生活"が、快適になりますように。



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング