ハイスペックな本体に使いやすさへの配慮を盛り込んだ au『GALAXY S III progre』製品レビュー

ガジェット通信 / 2012年11月22日 21時30分

ハイスペックな本体に使いやすさへの配慮を盛り込んだ au『GALAXY S III progre』製品レビュー

4.8インチのHDディスプレーと1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載、『おサイフケータイ』とワンセグに対応し、ドコモでも人気モデルのAndroidスマートフォン『GALAXY S III』が、au向けにカスタマイズして発売されました。LTEサービス『4G LTE』にも対応し、ハイスペックな本体機能を誇る一方で、使いやすさに配慮している点が大きな特徴です。au版『GALAXY S III progre』の製品レビューをお届けします。

●充実の基本スペック

『GALAXY S III progre』のOSはAndroid 4.0。4.8インチ、1280×720ドットの『SUPER AMOLED』ディスプレーと1.5GHzのMSM8960デュアルコアCPU、2100mAhの大容量バッテリーを搭載します。クアッドコアCPUやAndroid 4.1を搭載するような最先端モデルではありませんが、ウェブの閲覧やメール、SNSの利用、動画の視聴でもストレスなく使える充実したスペックです。

水平線や森林をイメージしたというオーガニックなデザイン

テクスチャー状の塗装を採用

曲線を多用した本体は、水平線や森林をイメージしたというオーガニックなデザインを採用。大画面スマートフォンの中でも片手で持ちやすく、厚みを感じさせないデザインです。厚さは9.4mm、重量は約141g。本体カラーはオメガブルーとマーブルホワイトの2色で、ドコモ版とは異なるテクスチャー状の塗装が採用されています。

スピードテストの結果

『4G LTE』による、下り最高75Mbpsの高速通信も目玉機能。夕方ごろ、新宿のオフィスで計測した結果は、下り28Mbps、上り2.7Mbpsと良好な数字をマークしています。利用者数やエリアによっても異なりますが、快適なネットワークにより本体の性能を十分に生かせそうです。

『GALAXY S III』の機能や使い勝手については、ドコモの『GALAXY S III SC-06D』発売時にも詳しくレビューしていますので、そちらも合わせてご覧ください。

“iPhoneキラー”最有力? 『GALAXY S III SC-06D』を触ってみた

http://getnews.jp/archives/221611

●使いやすさへの細かい配慮あれこれ

本体を左手で持ち、キーボードを左に寄せて使用

『GALAXY S III progre』は、使いやすさに配慮した機能を充実させているのが特徴です。まずは細かい点ですが、キーボードを画面の左右どちらかに寄せて配置できる機能に注目。キーボードの横に表示される矢印をタップすることにより、寄せて配置できます。

大画面スマートフォンは横幅も大きくなり、片手では端から端まで指が届きにくいことがありますが、左手で持つなら左に、右手で持つなら右にキーボードを寄せることにより、手が小さい女性でも快適にキー入力が可能になります。

特徴的な機能がウィジェットで管理可能

『GALAXY S III』では、SMSでメッセージをやり取りしている相手にすぐ電話をかけたくなった際、端末を耳元に持っていくだけで電話をかけられる『ダイレクトコール』、フロントカメラがユーザーの視線を感知して、画面を見ている間はバックライトを消灯しないようにできる『スマート ステイ』、本体を置いた状態で着信やメール受信があった場合に、持ち上げるとバイブで知らせる『スマート アラート』という機能を搭載しています。これらの機能は、ウィジェットでON/OFFを切り替えられるようになりました。

ドコモの『GALAXY S III SC-06D』では「設定」メニューから設定が必要でしたが、ウィジェット化することでユーザーがこれら機能に気づきやすくなり、簡単に設定できるのはうれしい配慮といえるでしょう。

スペック重視の先進ユーザー向けというより、快適に利用できるために十分なスペックと機能が用意されている『GALAXY S III progre』。auの冬モデルスマートフォンの中では幅広い層に受け入れられる製品になりそうです。



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング