1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT

スクープ動画・写真を投稿するとメディアへの販売を仲介してくれるサービス『Scoop!』

ガジェット通信 / 2012年11月22日 17時30分

スクープ動画・写真を投稿するとメディアへの販売を仲介してくれるサービス『Scoop!』

スマートフォンや携帯電話のカメラ機能が充実し、どこにいても高画質な動画や写真が撮影できるようになった昨今。事件や事故、災害などの場にたまたま居あわせたときに、すかさず動画や写真を撮影したという経験がある人も多いのではないでしょうか。スクープドットコムは、そんなスクープ映像や写真の投稿ができるサービス『Scoop!』を公開しました。投稿された動画や写真は、テレビ局などメディアが買い取る仕組みが用意されており、ユーザーによる販売を仲介してくれるのが特徴です。

ランクと価格の目安

投稿ユーザーは登録が不要で、必要な情報と販売希望価格を入力して動画や写真のファイルをアップロードします。設定できる価格は内容に応じてランクづけされており、動画で1万円、写真で5000円程度の「C」ランクから、希少性に応じて動画で10万円、写真で5万円の「Special」、さらにその上の価格設定が可能な「チャレンジ価格」に分類されています。

投稿された動画や写真は3日間、メディアの会員企業にのみクローズで公開され、この買い付け期間に会員企業が購入すると販売が成立。ニュース番組や情報番組で放送されるチャンスがあります。買い付け期間に購入されなかった動画や写真でも、スクープドットコムが良いコンテンツだと判断した場合には謝礼が出る場合があるとのこと。

公開中の動画

買い付け期間が終了した動画や写真は、『Scoop!』上で一般に公開。サイトを訪れるユーザーが楽しめます。中央自動車道でトラックが横転、積んでいたボンベが爆発する動画など、既に50本以上の動画が公開中です。

「これはスクープ」という動画や写真を撮った人は、投稿にチャレンジしてみては? サイトではその日に起きた事件や事故の情報を掲示しているので、それをヒントに投稿することもできます。

画像:『Scoop!』より引用

Scoop!

http://scooptoukou.com/



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング