「公式に採用されてほしい」「こんな教科書だったら国語も好きになる笑」 ハイセンスな教科書の落書きが話題に

ガジェット通信 / 2020年10月19日 19時0分

センスの良すぎる教科書の落書きがTwitter上で大きな話題になっている。

件の落書きは現在イラストレーターとして活動する、やう芋(@ppt_ppt_ppt_ppt)さんが中学生の時に描いたもの。「現代の国語3」(三省社)の表紙に描かれた穏やかな海岸風景に突如として現れたゴジラ。それを迎え撃つ戦車隊を重ね描いたりと、そのセンスはたしかに常人の及ぶところではない。

https://twitter.com/ppt_ppt_ppt_ppt/status/1317366999802998784

また、高校では「Hyper Listening」(桐原書店)の題字をよくわからない言語に書き換えたりして楽しんでいたそうだ。

https://twitter.com/ppt_ppt_ppt_ppt/status/1317810653717950466

やう芋さんのハイセンス落書きに対しTwitter上では数々の称賛の声が寄せられている。

「げ…現代の国語??これが?こんなことになっていたとは…知らんかった。」

  

「この教科書の表紙絵は公式に採用されてほしい」

  

「こんな教科書だったら国語も好きになる笑笑」

  

「すごい上手。

『現代』と『ゴジラ』の組み合わせ。核兵器所有の風刺画のような、メッセージが感じられる」

  

「これは神絵師になる一歩手前の形態の人が描ける絵です

上手いです」

  

「私の教科書でも出来るかな」

落書きは学校の先生たちからしたらあまり褒められたことではないだろうが、かつてのやう芋さんのように、今日も教室の片隅で教科書をキャンバスに絵の才能を磨いている子どもたちがいるかもしれない。

※画像提供:やう芋(@ppt_ppt_ppt_ppt)さん

(執筆者: 中将タカノリ)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング