願いの代償は、他人の運命! 究極の選択を巡る人間模様を描いた映画『ザ・プレイス 運命の交差点』

ガジェット通信 / 2020年10月21日 18時0分

2018年イタリア・アカデミー賞7部門ノミネート、第12回ローマ国際映画祭クロージング作品に選出など、映画界を席捲した話題作『ザ・プレイス 運命の交差点』が先行デジタル配信を経て、DVDが10月21日(水)に発売となることが決定しました。

カフェ“ザ・プレイス”でいつも同じ席に座っている謎の男。彼の元には自らの願いを叶えたい者たちが訪ねてくる。謎の男が告げる行為を行えば、自らの願いや欲望を叶えることができる。その代償は、他人の運命だった……。

究極の選択を巡る人間模様を描く本作は、「人は願望が叶うとわかったらどこまでできるのだろうか?」のテーマに魅了された監督が、アメリカの大ヒットドラマ『The Booth~欲望を喰う男』を原作に大胆リメイク。9人の相談者の次第に交差してゆく運命を緻密に描いた“おとなのための人生哲学”となっています。

このほど発売になるDVDには、特典としてメイキング、予告編を収録。外装は、リバーシブルジャケット仕様の予定です。

・DVD・デジタル配信サイトURL:

https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item093/

・配信サービスまとめURL:

https://movie.lnk.to/theplaceTW

【ストーリー】

カフェ「ザ・プレイス」に昼も夜も座っている男の元には、人生に迷ったものたちがひっきりなしに訪ねてくる。彼らが自らの願いや欲望を叶えるためには、男が告げる行為を行わなくてはならない。

息子を癌の病から救うために見ず知らずの少女の殺害を命じられる修道女、アルツハイマーの夫を救うために爆弾を仕掛けることを命じられる老婦人etc・・・。9人の相談者それぞれに無理難題が与えられる。全ての願望には他人の運命という代償が必要だった。

次第に交差してゆく相談者たちの運命、その先に待ち受けるものとは。

監督・原案・脚本:パオロ・ジェノヴェーゼ 『おとなの事情』

『ザ・プレイス 運命の交差点』

2020年10月21日 DVD発売・レンタル開始

<DVD>

価格:¥4,800(本体)+税

発売元・販売元:ポニーキャニオン

提供:ミモザフィルムズ

(C) 2017 Medusa Film SpA.

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング