【アプリ】iOSに『Googleマップ』アプリがついに登場! さようならアップル地図アプリ

ガジェット通信 / 2012年12月13日 15時15分

iOS 6より、OSからは排除されてしまった『Googleマップ』。代わりにアップルが自社製の地図アプリを提供してくれたのだが、そのアプリが使い物にならないと不評。海外はもちろん日本は地図がスカスカ状態で表記の間違いや場所が異なっているなど、とんでもない地図になっている。

ユーザーはあの手この手で『Googleマップ』を使おうと、ウェブ版の『Googleマップ』をホーム画面に配置する方法や、更にはフルスクリーンで使うスクリプトが公開されるなど、徹底してアップル製の地図は使わない方法を模索していた。

そんな『Googleマップ』が本日『AppStore』にリリースされたのだ。今度の『Googleマップ』は検索や現在地、経路はもちろんだが、ストリートビューにも対応しており360度パノラマ写真を見ることも可能。

『Googleマップ』がなくなってからは『Googleマップ』を内蔵したアプリが数多くリリースされ、本家『Googleマップ』の代わりとして使っていた人は多いのではないだろうか。Google本家の『Googleマップ』がようやくiPhoneにも戻ってきて安心した。iOS6へのバージョンアップをためらっていた人も、これで安心してバージョンアップできるだろう。なおユニバーサルアプリではないため、iPadでは引き延ばして使うことになる。

そしてさようならアップル地図アプリ……。

Google Maps

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング