「ごはんダブチオムライス」に「ごはんダブチチャーハン」?! ごはんダブチで色々作ってみた

ガジェット通信 / 2020年10月29日 20時30分

「ご飯と炒めりゃ美味くなるはず!」そんな気持ちで挑む久々の“なんでもチャーハン”、今回のターゲットはマクドナルドの『ごはんダブチ』(単品390円)です!

『ごはんダブチ』の元となっているのは、言わずと知れたマクドナルドの人気メニュー「ダブルチーズバーガー」。バンズではなく100%国産米を使用した醤油風味のごはんではさむことで、ダブルチーズバーガーの味わいを持つ『ごはんバーガー』として生まれた新メニューなのです。

まずはそのままごはんダブチをいただきます。

食べた人がおそらく驚くと思うポイントは、ほかならぬ「チーズバーガーらしさ」でしょう。ピクルス、玉ねぎ、ケチャップ、そして“あのビーフパティ”と“あのチーズ”の味わい。いつものふかふかバンズとは違う一口目だけれど、ちゃんとダブルチーズバーガーしています。

ほど良く醤油風味をまとったごはんがこれほどまでにマッチしているのは嬉しいポイント。この美味しさであれば、おそらくチャーハンにしてもバッチリでしょう。

そんなわけで、ごはんダブチチャーハン、作ってみましょう。

めっちゃシンプル! ごはんダブチチャーハンの作り方

まずは炒めやすいようにごはんダブチをコマ切りに。

チャーハンなのにごはんが具として入る不思議な感じです。

他に使うのは、卵と塩コショウ、ライス180g~200gです。

これらをちゃっちゃと炒めましょう。

まずは卵とライスと塩コショウで、プレーンなチャーハンを作ります。

そこに先ほどのコマ切りにしたごはんダブチを投入!

ササッと炒めてチーズが程よくとろけたところで完成です。

見た目は茶色いチャーハン、お味の方はどうでしょうか。

すごい! やっぱり「ちゃんとマック」の味がします。当たり前なんだけど、チャーハンなのにダブルチーズバーガーの味がするのって感激です。

ケチャップが思いのほかしっかりしていて、チーズやビーフパティが負けじと主張してきます。醤油味のごはん部分は他を引き立てつつも邪魔しないなじみ具合。

ピクルスのアクセントがうれしい、洋風チャーハン(?)に仕上がりました。ご飯が入った分、ダイレクトにごはんダブチを食べるよりも味わいはおとなしくなっているのですが、量食べることを考えたら味が強すぎない分、長く楽しめます。

ごはんダブチオムライス

オムライスにしても美味そうですよね

瞬時にそんな提案をしてきたのはノジーマ記者ことB級フード研究家の野島慎一郎氏

https://getnews.jp/author/aochins8

なるほど、このチーズとケチャップであれば、必然的にオムライスとの組み合わせは間違いなさそう。やってみよう!

チャーハンと違うポイントのひとつは、ケチャップライス。ケチャップの水分を飛ばしつつ、ライスを炒めます。

コマ切りにしたごはんダブチを混ぜて軽く炒めたら準備OK!

続いて、卵3つ程度でオムレツを作ります。理想的なオムレツは皮一枚隔てた中身トロトロなのですが、緊張して今回はやや硬めの仕上がりに。

先ほどのケチャップライスの上にオムレツを乗せて開き、卵の分のケチャップを施したら完成です!

ここまでケチャップだとマックのダブルチーズぽさが薄れてしまうかな……? と思いながら試食。

いやいやいや!! オムライス、ばっちりすぎる! 味付けがしっかりしているビーフパティの具材と卵の組み合わせや良し。ここにクリーミーなチーズが濃い目のうま味を加えつつ、ピクルスがナイスなアクセント。このピクルスも“マックっぽさ”の立役者のひとりだなあ、としみじみ。

食べてみて思ったのですが、ケチャップは作例よりももう少し多くても良いくらいかも。そのくらいマックらしさが強いオムライスでした。普通のオムライスとはまた全然違いますね。

マック風味あふれるチャーハンとオムライス、ごはんダブチであればどちらも簡単に作れるので試してみてください。これはいいですぞ。

マクドナルド『ごはんダブチ』

https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/yorumac/ [リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング