「来年は東京ドーム公演ができることを祈っています!」ロングラン上映『3年目のデビュー』舞台あいさつ、日向坂46メンバーが決意の登壇

ガジェット通信 / 2020年11月9日 10時0分

日向坂46ドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』の大ヒット&ロングラン上映御礼舞台あいさつがユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行なわれ、日向坂46のメンバー潮紗理菜さん、加藤史帆さん、齊藤京子さん、佐々木久美さん、高瀬愛奈さん、東村芽依さんが出席しました。

■関連記事:日向坂46佐々木久美&加藤史帆インタビュー 「映画『3年目のデビュー』には初めて観る映像がたくさんあります」 [リンク]

■関連記事:日向坂46 潮紗理菜&齊藤京子&佐々木美玲インタビュー 「普段のわたしたちも観てみてください!」 [リンク]

まずは「みなさんに久しぶりにお会いできて本当にうれしいです。最高の思い出を作りましょう」と齊藤さんがあいさつ。東村さんも「みなさんに会えてうれしいです。今日は楽しい時間にしましょう」と客席に呼びかけました。キャプテンの佐々木久美さんは「延期になってしまっていたので、公開が決まったことだけでも嬉しかったですけど、さらに、たくさんの方に劇場に足を運んでいただき、ロングラン上映をしていただき、私たちはおひさまのみなさまに支えられているなと思います」と、公開延期を乗り越え、大ヒットしている結果をファンに報告&感謝しました。

映画の反響はメンバーたちにも届いているそうで、潮さんは「このような映画を作っていただき本当に幸せに思います。この映画を観て、たくさん感想をいただけて、すごくうれしい。今日、たくさんの方に直接お会いできて夢のようです」と感謝の気持ちをコメント。加藤さんも「たくさんの方に愛されるグループになることが夢だったので、このドキュメンタリー映画をたくさんの方に見ていただいたことが本当にうれしい。もっともっと愛されるグループを目指していきたい」と決意を新たに。高瀬さんは「このドキュメンタリー映画を観て、元気をもらったと言ってもらうことが多い。いつも元気を与えたいと思って活動しているので、それがかなったと感じられて、すごくうれしい気持ちになりました」と心境を語り、東村さんも「メッセージアプリでたくさん反響をいただいて、すごく見ていただいているんだなと思うとうれしいです」と生の声が届いていたことを説明していました。加藤さんは「本当にファンの皆様にお会いできるのが久しぶりで、今日直接会えることがみんな嬉しかった。今日はパワーをいただけたので、私たちも明日から頑張ります」と意気込みを語りました。

ゲスト登壇した竹中優介監督は、本作の観てほしいポイントについて、「とにかく現場に通って、そのままの表情を届けたいと思った。映画の後半になるにつれ、メンバーの素の表情が見られると思う。何度見ても幸せになれる映画を目指したので、ぜひこれからも観てほしい」と全体をアピール。潮さんは「小坂菜緒はいつも髪を下ろしていることが多いんですけど、映画の中でポニーテールをしているシーンがある。普段は見られない姿なので、そこが見どころ」と小坂さんのレアな髪型を推すと、加藤さんは「渡邉美穂がストレッチの先生をしているシーンがあって、本当に数秒なので見逃さないでほしい。カメラを意識していない、私たちらしいシーンだと思います」と素のシーンがあることをアピールしました。

イベント終盤になると、潮さんは「来年はもっともっとパワーアップして、みなさんと一緒に約束の地に行けるように頑張りたいです」と決意を語ると、齊藤さんも「来年はおひさまのみなさんの前で東京ドーム公演ができることを祈っています」とおひさま=ファンの前でのライブを祈念。東京ドーム公演の実現を祈って笑顔で報告会を終えていました。

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか公開中

仲間とともに、新しい未来へ。日向坂46 初のドキュメンタリー映画がBlu-ray&DVDリリース!

2021年1月20日(水)Blu-ray&DVD 発売決定!

(執筆者: ときたたかし)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング