日経新聞が『WiiU』と『PS4』の比較記事を掲載 「WiiUはメモリ32Gと8GでPS4は8G!」

ガジェット通信 / 2013年2月22日 9時45分

日経新聞が本日掲載した『PlayStation 4(以下、PS4)』関連の記事が面白かったので紹介したい。昨日ニューヨークで発表されたSCEの次世代機『PS4』だが、昨年末に発売された任天堂の新ハード『WiiU』との比較記事を掲載。これを見ると目を疑いたくなる個所がある。

比較内容は次の通り。

・CPU

PS4:米AMD製

WiiU:米IBM製

・本体メモリー

PS4:8ギガ

WiiU:32ギガバイトと8ギガバイトの2種類

・対応メディア

PS4:Blu-rayとDVD

WiiU:WiiUとWii専用光ディスク

・交流機能

PS4:交流サイトでゲーム画像を投稿・共有

WiiU:WiiU利用者間でゲームの感想などを投稿・共有

・価格

PS4:未定

WiiU:2万6250円

以上の様に比較が掲載されている。上記の比較をみてゲーム好きならすぐにおかしい場所がわかるはず。それは2項目目の「本体メモリー」の個所である。これのどこがおかしいのか。『PS4』の8ギガバイトはあっているのだが、『WiiU』の32ギガバイト、8ギガバイトの2種類と言う個所が間違っている。これは実は本体保存メモリーのことを指しており、ゲームやコンテンツを保存しておく容量。『iPhone』で言うところの32GB版、64GB版と言ったもの。一方、『PS4』の8ギガのメモリは一時的に領域を確保する領域。いわゆるゲーム機の性能にも関わってくるものなのである。このメモリは速度が速く多ければ多いほど有利となる。

『WiiU』のメモリは2ギガで、システムに1ギガ、ゲームに1ギガと割り当てている。『PS4』と比較すると少なく感じるかもしれないが、既存のゲーム機『Xbox 360(512MB)』や『PS3(256MB+256MB)』と比較すると4倍ものメモリを搭載している。

もしくはこの項目の「本体メモリー」という項目がそもそもが、保存領域という意味で書かれた物なのかもしれない。だとしても『PS4』の保存領域は現在不明なはず。どちらにせよこの比較は大きな誤解を生みそうである。日本を代表する経済紙がこれでは少し恥ずかしい……。

関連記事:本日発表された『プレイステーション 4』と『デュアルショック4』&『PlayStation4 Eye』の詳細情報

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング