Garminからフェミニンなデザインのスマートウォッチ「Lily Classic」「Lily Sports」が2月11日に発売へ

ガジェット通信 / 2021年2月4日 18時30分

ガーミンジャパンはスマートウォッチの新製品「Lily Classic」と「Lily Sports」を2月11日に発売。2月4日から予約受付を開始しています。

ボディサイズは34.5mmとGarmin最小、バンドも14mmと細く、フェミニンなデザインを採用しているのが特徴。ステンレスベゼルにレザーバンドを組み合わせたLily Classicは、White Leather/Light Gold、Paloma Leather/Dark Bronze、Black Leather/Cream Goldの3色をラインアップして、価格は2万7800円(税別)。アルミニウムベゼルにシリコンバンドを組み合わせたLily Sportsは、Light Sand/Rose Gold、Deep Orchid/Midnight Orchid、White/Cream Goldの3色をラインアップして、価格は2万2800円(税別)です。

時計をタップするか見る動作をするとタッチスクリーンを表示。光学心拍計で計測した心拍、呼吸数、ストレスレベルといった健康状態が本体から確認できる他、計測した数値はアプリからグラフなど視覚化して管理・確認が可能。歩数の計測に加えて、スポーツアクティビティ機能によりランニング、ヨガ、スイミングといったスポーツの計測に対応します。消費カロリー、水分補給、睡眠管理、Body Batteryといった健康管理機能は、女性向けの生理トラッキング、妊娠トラッキングにも対応。スマートフォンと連携して通知の表示も可能。50m防水に対応し、スマートウォッチモードで約5日間バッテリーが持続します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング