堀江貴文さん「こんな小難しい事考えずに素直に泣けばいのに。性格ねじ曲がってるな…」映画「えんとつ町のプペル」のレビュー記事に苦言

ガジェット通信 / 2021年2月9日 13時50分

昨年2020年末に公開された、キングコング西野亮廣さん製作総指揮の映画『えんとつ町のプペル』。

実業家の堀江貴文さんは、「素晴らしすぎて4回泣きました」という動画を自身のYouTubeチャンネルに投稿。反響を呼び、動画は2月9日の時点で40万回以上再生されている。

参考記事:堀江貴文さん「『映画 えんとつ町のプペル』が素晴らしすぎて4回泣きました」動画で西野亮廣さんを絶賛

https://getnews.jp/archives/2903506[リンク]

映画に関しては評価もさまざまだが、2月7日に堀江さんは

こんな小難しい事考えずに素直に泣けばいのに。性格ねじ曲がってるな。。

と、『ニフティニュース』に配信された『まいじつ』の

【徹底検証】映画『えんとつ町のプペル』を偏見ゼロでレビュー! 評価できる3つのポイント

という記事にリンクを貼ってツイートを行った。記事では

「えんとつ町のプペル」のマニアックな要素は、以下の3つに分けられる。

・製作が吉本興業であること

・国産3DCGアニメであること

・アニメ制作会社がSTUDIO 4℃であること

それでは、上から1つずつ解説していくことにしよう。

と、3つの点について細かく解説が行われている。

堀江さんのツイートには、

「同感です」

「2プペ達成して3プペ目突入します 2回とも気持ちよく泣いてます」

「何もわかってない人が書いている記事ってバレバレですね 西野さんの伏線のこともっと勉強した方がいい(笑)」

といったような返信が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング