光学20倍ズームのサイバーショット『DSC-WX300』が凄い! 遠くのビルもくっきり撮影できる

ガジェット通信 / 2013年5月15日 17時0分

ソニーが発売した“サイバーショット”の新機種『DSC-WX300』がガジェット通信に届いたのでレビューしたいと思う。この機種の特徴はなんといっても光学20倍ズームという望遠能力。コンパクトなデジタルカメラながらその望遠能力は一眼レフカメラに負けない能力を持っている。

望遠時に心配される手ぶれも従来機に比べかなり軽減しており、さらにオートフォーカス速度も3.6倍に高速化。こんなコンパクトなボディなのに高性能なサイバーショット新機種。今回はその写真数点と本体の写真を紹介したい。

※全ての画像(10点)をご覧になれない方はこちらからご覧下さい。

本体背面にはボタン類と液晶、右側面にはmicroUSBポートがありそこからパソコンへの接続や充電を行う。上部にはシャッターボタン、各モードのダイヤル、電源ボタンとなっている。下部にはHDMI差込口とバッテリー及びSDカードスロットになっている。

USBからの充電となっているので、モバイルバッテリーでの充電も可能。最近スマートフォン用に販売されているモバイルバッテリーもケーブルとバッテリーさえあれば外出先でも充電可能。

モバイルバッテリーから給電可能

同社のスマートリモコンにも対応しており、『PlayMemories Mobile』アプリをスマートフォンにインストールすることによりスマートフォン側でのプレビューやシャッターを行うことができる。観光地で記念撮影する際に誰かに撮ってもらう煩わしさがなくなり非常に便利。アプリはiOS及びAndroid版が配布されている。

“サイバーショット”『DSC-WX300』は既に発売中で、色はブラック、ホワイト、ブラウン、ブルー、レッドの5色。値段はオープン価格だが実売価格は2万6000円から3万円の間となっている。携帯やスマートフォンの普及でデジカメを買わなくなった人が増えてきたが、やはり光学20倍ズームを見ると違いがハッキリする。久々に欲しくなった一品である。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング