『GALAXY S 4』『Xperia A』の“ツートップ”端末とネットワーク品質向上で攻勢かける ドコモ2013夏モデル発表会レポート

ガジェット通信 / 2013年5月15日 23時0分

『GALAXY S 4』『Xperia A』の“ツートップ”端末とネットワーク品質向上で攻勢かける ドコモ2013夏モデル発表会レポート

NTTドコモは5月15日、『2013夏モデル 新商品・新サービス発表会』を開催。Androidスマートフォン10機種とAndroidタブレット1機種を発表した今回の発表会では、『GALAXY S 4』と『Xperia A(エース)』の2端末を「ドコモ2013夏モデルのツートップ」として大々的にフィーチャー。さらに、LTEサービス『Xi』のエリア拡大と高速化について時間を割いて説明し、“ツートップ”端末とネットワーク品質の向上で攻勢をかけることを明らかにしました。この発表会の模様をレポートします。

※すべての画像が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください。

http://getnews.jp/archives/340685

●ドコモのツートップ『GALAXY S 4』『Xperia A』を発表

ドコモのツートップ

『GALAXY S 4』と『Xperia A』

発表会には代表取締役社長の加藤薫氏が登壇。新端末ではまず「ドコモのツートップ」を紹介する映像を上映、『GALAXY S 4 SC-04E』と『Xperia A SO-04E』の紹介に入ります。

『GALAXY S 4』『Xperia A』を発表

「この夏、自信を持ってお勧めするドコモの顔と言えるツートップ2機種」と加藤氏。春モデルで『Xperia Z』を異例の“イチ押し”と紹介して印象づけたのに続き、夏モデルでも異例の“ツートップ”押しで両端末を強く印象づけています。

価格面でもプッシュ

価格面でも“ツートップ”を強くプッシュしています。この2機種についてはiモード携帯電話から乗り換えのユーザーには最大1万円の『はじめてスマホ割』、10年以上継続のドコモユーザーには最大1万円の『ありがとう10年スマホ割』を適用することで、『Xperia A』については「実質5000円」(加藤氏)と、具体的な販売価格について言及しました。発表会の説明員によると『Xperia A』は機種変更時の端末費用が2万円台半ば、『GALAXY S 4』はそれより少し高くなるとのことですが、これら2機種は他の端末と比べて比較的安価で提供されることは間違いなさそうです。

ゲストによるフォトセッション

ゲストとして登壇した、CMキャラクターの渡辺謙さん、松坂桃李さん、石原さとみさん、橋本愛さんのフォトセッションでも、全員が“ツートップ”端末を手にしてアピール。

●薄型化して独自機能も強化した『GALAXY S 4 SC-04E』

『GALAXY S 4 SC-04E』

“ツートップ”の一角、『GALAXY S 4 SC-04E』は5月23日に発売予定。グローバルモデルにない本体カラーBlue Arcticは6月中旬に発売を予定しています。OSはAndroid 4.2で5インチ、1920×1080ドットのフルHDディスプレー、1.9GHzのクアッドコアCPU、1320万画素のカメラ、2600mAhのバッテリーを搭載。『おサイフケータイ』、NFC、ワンセグ、『NOTTV』に対応します。

『GALAXY S 4 SC-04E』

『GALAXY S III α』から画面を大型化、バッテリーを大容量化している一方で厚さを8mmに薄型化。写真撮影時に周囲の音も録音する『サウンド&ショット』、画面から目を離すと動画の再生を中断する『スマートポーズ』、画面の前で手をかざしてウェブ閲覧や着信操作ができる『Sジェスチャー』など独自機能を充実させています。

『GALAXY S 4 SC-04E』

『GALAXY S 4 SC-04E』

『GALAXY S 4 SC-04E』

フルHDで世界初の有機EL液晶を採用した美しいディスプレーが特徴。手に持ってみると、画面が大きい分薄さが際立って感じられます。

『GALAXY S 4 SC-04E』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W70×D137×H8mm

重量:約134g

3G連続待ち受け時間:410時間

LTE連続待ち受け時間:360時間

GSM連続待ち受け時間:320時間

連続通話時間(3G/GSM):720/720

ディスプレー:約5インチ 1080×1920 フルHD 有機EL(SUper AMOLED)液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約1320万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約210万CMOS

CPU:APQ8064T 1.9GHz クアッドコア

バッテリー容量:2600mAh

ROM/RAM:32GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

赤外線:非対応

防水/防じん:非対応

NOTTV:対応

NFC:対応

カラー:Black Mist、White Frost、Blue Arctic

●日本仕様を盛り込んで世界最速で発売する『Xperia A SO-04E』

『Xperia A SO-04E』を発表

“ツートップ”のもう1機種『Xperia A』は、グローバルモデルとして発表された『Xperia ZR』の国内向けモデル。日本向けの仕様を追加しながら、発表会直後の5月17日と世界最速のタイミングで発売されます。OSはAndroid 4.1で発売され、8~9月にAndroid 4.2へのバージョンアップを予定。4.6インチ、1280×720ドットのHDディスプレー、1.5GHzのクアッドコアCPU、1310万画素のカメラ、2300mAhのバッテリーを搭載します。『おサイフケータイ』、NFC、ワンセグ、『NOTTV』、赤外線、防水・防じんに対応。

『Xperia A SO-04E』

『Xperia A SO-04E』

『Xperia A SO-04E』

幅67mmで持ちやすいラウンドフォルム、4色のカラー展開が特徴。5インチでは片手で持ちづらいというユーザーに、男女を問わず支持されそうです。

『Xperia A SO-04E』

カメラボタンを搭載し、長押しするとスリープモードから復帰してすぐに写真撮影が可能。この機能は「世界中のスマートフォンの中でXperiaだけ」と加藤氏も太鼓判を押します。逆光や暗い場所での撮影に強い『Exmor RS for mobile』を搭載するカメラ機能も『Xperia Z』同様の強みです。

『Xperia A SO-04E』主な仕様

OS:Android 4.1

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W67×D131×H10.5mm

重量:約141g

3G連続待ち受け時間:420時間

LTE連続待ち受け時間:390時間

GSM連続待ち受け時間:360時間

連続通話時間(3G/GSM):630/570

ディスプレー:約4.6インチ 720×1280 HD TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約1310万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約31万CMOS

CPU:APQ8064 1.5GHz クアッドコア

バッテリー容量:2300mAh

ROM/RAM:32GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/対応

NOTTV:対応

NFC:対応

カラー:White、Black、Pink、Mint

●『IGZO』搭載 シャープのフラッグシップモデルとタブレットを発表

『AQUOS PHONE ZETA SH-06E』と『AQUOS PAD SH-08E』を発表

“ツートップ”に続いて発表されたのが、シャープ製スマートフォンのフラッグシップモデル『AQUOS PHONE ZETA SH-06E』とタブレット『AQUOS PAD SH-08E』。いずれも『IGZO』液晶を搭載します。

『AQUOS PHONE ZETA SH-06E』

『AQUOS PHONE ZETA SH-06E』

『AQUOS PHONE ZETA SH-06E』は5月24日発売予定で、Android 4.2、4.8インチフルHDの『IGZO』液晶、1.7GHzのクアッドコアCPU、1310万画素のカメラ、2600mAhのバッテリーを搭載します。『おサイフケータイ』、NFC、ワンセグ、『NOTTV』、赤外線、防水に対応。『液晶アイドリングストップ』機能による省電力で、60時間以上の動作を実現します。

『AQUOS PHONE ZETA SH-06E』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W70×D138×H9.9mm

重量:約157g

3G連続待ち受け時間:530時間

LTE連続待ち受け時間:460時間

GSM連続待ち受け時間:460時間

連続通話時間(3G/GSM):750/810

ディスプレー:約4.8インチ 1080×1920 フルHD TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約1310万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約210万CMOS

CPU:APQ8064T 1.7GHz クアッドコア

バッテリー容量:2600mAh

ROM/RAM:32GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/非対応

NOTTV:対応

NFC:対応

カラー:White、Blue、Red

『AQUOS PAD SH-08E』

『AQUOS PAD SH-08E』

『AQUOS PAD SH-08E』は、7インチ、1200×1920ドットWUXGAの『IGZO』液晶を搭載するAndroid4.2タブレット。7月下旬に発売を予定しています。フルセグ放送の視聴に対応するのが特徴です。1.7GHzのクアッドコアCPU、810万画素カメラ、4200mAhのバッテリー搭載し、ワンセグ、フルセグ、『NOTTV』、赤外線、防水・防じんに対応。

『AQUOS PAD SH-08E』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W107×D190×H9.9mm

重量:約285g

3G連続待ち受け時間:未定

LTE連続待ち受け時間:未定

GSM連続待ち受け時間:未定

連続通話時間(3G/GSM):未定

ディスプレー:約7.0インチ 1200×1920 WUXGA TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約810万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約210万CMOS

CPU:APQ8064T 1.7GHz クアッドコア

バッテリー容量:4200mAh

ROM/RAM:32GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:非対応

ワンセグ:対応

フルセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/対応

NOTTV:対応

NFC:非対応

カラー:White

●フルセグ&大容量バッテリーの『ARROWS NX F-06E』

『ARROWS NX F-06E』を発表

次に発表されたのは富士通製の『ARROWS NX F-06E』。6月中旬に発売を予定しています。

『ARROWS NX F-06E』

『ARROWS NX F-06E』

Android 4.2、5.2インチフルHDディスプレー、1.7GHzのクアッドコアCPU、1630万画素のカメラ、3020mAhのバッテリーを搭載。『おサイフケータイ』、NFC、フルセグ、ワンセグ、『NOTTV』、赤外線、防水・防じんに対応。バッテリー容量はドコモ夏モデルのスマートフォンでは最大で、60時間以上の動作を実現します。

『ARROWS NX F-06E』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W70×D139×H9.9mm

重量:約163g

3G連続待ち受け時間:560

LTE連続待ち受け時間:560

GSM連続待ち受け時間:460

連続通話時間(3G/GSM):680/720

ディスプレー:約5.2インチ 1080×1920 フルHD TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約1630万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約130万CMOS

CPU:APQ8064T 1.7GHz クアッドコア

バッテリー容量:3020mAh

ROM/RAM:64GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

フルセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/対応

NOTTV:対応

NFC:対応

カラー:Black、White

●『シンプルUI』搭載の『ELUGA P P-03E』と『MEDIAS X N-06E』

『ELUGA P P-03E』と『MEDIAS X N-06E』を発表

『ELUGA P P-03E』と『MEDIAS X N-06E』は、よく使う9機能を1画面にまとめたホーム画面と発着信履歴、アプリショートカットを配置できるワークスペースの3画面で構成する『docomo シンプルUI』を搭載するスマートフォン。iモード携帯電話に近い操作感を実現します。

『ELUGA P P-03E』

『ELUGA P P-03E』

パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の『ELUGA P P-03E』は6月下旬の発売を予定。Android 4.2、4.7インチのフルHDディスプレー、1.7GHzのクアッドコアCPU、1340万画素カメラ、2600mAhのバッテリーを搭載します。『おサイフケータイ』、NFC、ワンセグ、『NOTTV』、赤外線、防水・防じんに対応。

『ELUGA P P-03E』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W65×D132×H10.9mm

重量:約146g

3G連続待ち受け時間:490

LTE連続待ち受け時間:440

GSM連続待ち受け時間:420

連続通話時間(3G/GSM):610/580

ディスプレー:約4.7インチ 1080×1920 フルHD TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約1340万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約130万CMOS

CPU:APQ8064T 1.7GHz クアッドコア

バッテリー容量:2600mAh

ROM/RAM:32GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/対応

NOTTV:対応

NFC:対応

カラー:Gold、Black

『MEDIAS X N-06E』

『MEDIAS X N-06E』

NECカシオモバイルコミュニケーションズ製の『MEDIAS X N-06E』は6月下旬の発売を予定。Android 4.2、4.7インチのHDディスプレー、1.7GHzのクアッドコアCPU、1310万画素カメラ、2300mAhのバッテリーを搭載します。『おサイフケータイ』、NFC、ワンセグ、『NOTTV』、赤外線、防水・防じんに対応。

『MEDIAS X N-06E』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W67×D138×H8.5mm

重量:約136g

3G連続待ち受け時間:550

LTE連続待ち受け時間:450

GSM連続待ち受け時間:430

連続通話時間(3G/GSM):580/610

ディスプレー:約4.7インチ 720×1280 HD TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約1310万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約130万CMOS

CPU:APQ8064T 1.7GHz クアッドコア

バッテリー容量:2300mAh

ROM/RAM:32GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/対応

NOTTV:対応

NFC:対応

カラー:Pink、White

●コンパクトサイズの『AQUOS PHONE Si SH-07E』と『Optimus it L-05E』

『AQUOS PHONE Si SH-07E』と『Optimus it L-05E』を発表

『AQUOS PHONE Si SH-07E』と『Optimus it L-05E』は、コンパクトサイズのスマートフォン。狭額縁設計により、いずれも前モデルより大画面化しながらも持ちやすいサイズを実現しています。

『AQUOS PHONE Si SH-07E』

『AQUOS PHONE Si SH-07E』

シャープ製の『AQUOS PHONE Si SH-07E』は、6月下旬の発売予定。Android 4.2、4.3インチのHDディスプレー、1.7GHzのクアッドコアCPU、1310万画素カメラ、2100mAhのバッテリーを搭載します。『おサイフケータイ』、NFC、ワンセグ、『NOTTV』、赤外線、防水・防じんに対応。

『AQUOS PHONE Si SH-07E』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W59×D126×H10.7mm

重量:約131g

3G連続待ち受け時間:未定

LTE連続待ち受け時間:未定

GSM連続待ち受け時間:未定

連続通話時間(3G/GSM):未定

ディスプレー:約4.3インチ 720×1280 HD TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約1310万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約120万CMOS

CPU:APQ8064T 1.7GHz クアッドコア

バッテリー容量:2100mAh

ROM/RAM:32GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/対応

NOTTV:対応

NFC:対応

カラー:Orange、White、Navy

『Optimus it L-05E』

『Optimus it L-05E』

LG Electronics製の『Optimus it L-05E』は、6月下旬の発売予定。Android 4.2、4.5インチのHDディスプレー、1.7GHzのクアッドコアCPU、1320万画素カメラ、2100mAhのバッテリーを搭載します。『おサイフケータイ』、NFC、ワンセグ、『NOTTV』、赤外線、防水に対応。

『Optimus it L-05E』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W63×D131×H10.5mm

重量:約131g

3G連続待ち受け時間:未定

LTE連続待ち受け時間:未定

GSM連続待ち受け時間:未定

連続通話時間(3G/GSM):未定

ディスプレー:約4.5インチ 720×1280 HD TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約1320万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約140万CMOS

CPU:APQ8064T 1.7GHz クアッドコア

バッテリー容量:2100mAh

ROM/RAM:32GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/非対応

NOTTV:対応

NFC:対応

カラー:Orange、White、Navy

●ディズニースマホや『らくらくスマートフォン』にも新機種

『Disney Mobile on docomo F-07E』

『Disney Mobile on docomo』の新機種『F-07E』も発表されました。7月中旬に発売を予定。Android 4.2、4.7インチのHDディスプレー、1.7GHzのクアッドコアCPU、1310万画素カメラ、2600mAhのバッテリーを搭載。『おサイフケータイ』、NFC、ワンセグ、『NOTTV』、赤外線、防水・防じんに対応します。カスタマイズ可能な背面のイルミネーションや、ミッキーとミニーのスマホピアスが付属するのが特徴。

『Disney Mobile on docomo F-07E』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W65×D131×H10.5mm

重量:約145g

3G連続待ち受け時間:未定

LTE連続待ち受け時間:未定

GSM連続待ち受け時間:未定

連続通話時間(3G/GSM):未定

ディスプレー:約4.7インチ 720×1280 HD TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約1310万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約120万CMOS

CPU:APQ8064T 1.7GHz クアッドコア

バッテリー容量:2600mAh

ROM/RAM:64GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/対応

NOTTV:対応

NFC:対応

カラー:Light Pink、Pure White、Night Blue

『らくらくスマートフォン 2』

『らくらくスマートフォン』の新機種『らくらくスマートフォン 2』も発表。8月中旬の発売を予定しています。大画面化、ボタンを押す感触を再現した『らくらくタッチパネル』の進化などが特徴で、このモデルで『Xi』に対応。FOMA同様、月額2980円の専用定額プランを用意しています。Android 4.2、4.3インチのQHDディスプレー、1.7GHzのクアッドコアCPU、2100mAhのバッテリーを搭載。『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線、防水・防じんに対応します。

『らくらくスマートフォン 2』主な仕様

OS:Android 4.2

Xi:100Mbps/37.5Mbps

FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps

サイズ:約W64×D130×H9.9mm

重量:約138g

3G連続待ち受け時間:未定

LTE連続待ち受け時間:未定

GSM連続待ち受け時間:未定

連続通話時間(3G/GSM):未定

ディスプレー:約4.3インチ 540×960 QHD TFT液晶 1677万色

外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)、microSDXC(64GB)

カメラ:有効画素数約810万画素CMOS

インカメラ:有効画素数約130万CMOS

CPU:APQ8064T 1.7GHz クアッドコア

バッテリー容量:2100mAh

ROM/RAM:8GB/2GB

テザリング:対応

おサイフケータイ:対応

ワンセグ:対応

赤外線:対応

防水/防じん:対応/対応

NOTTV:非対応

NFC:非対応

カラー:ブラック、ゴールド、ピンク

●『Xi』のエリア拡大と高速化をアピール

基地局は2013年度末には5万局に倍増

この日、時間を割かれて説明されたのが回線品質の向上について。加藤氏は新製品のスマートフォンやサービスを「存分に使ってもらうにはネットワークの品質向上が不可欠」とコメント。「つながりやすさと高速化を徹底的に強化していく」と宣言しました。まず、『Xi』のエリア拡大は予定を1年前倒しし、基地局数を2012年度末の2万4400局から2013年度末には5万局に倍増すると発表。

エリア構築の最適化により、東京の山手線と大阪の環状線で97%の駅で『Xi』が利用できるほか、8路線97駅や53の空港、3500施設で『Xi』のエリア化が完了。2013年には富士山を『Xi』エリア化することを明らかにしました。今後も2GHz帯、1.5GHz帯、800MHz帯の3種類の周波数帯について、周波数特性を生かしたエリア構築を進めていくとのこと。

最大75Mbpsの対応基地局数は2013年6月末までに1万5000局以上に拡大

夏モデルを含む現行機種が対応する下り最大75Mbpsの対応基地局数は2013年6月末までに1万5000局以上に拡大し、スループットを向上していく方針。現在スマートフォンでは1機種のみ対応している、最大112.5Mbpsの通信に対応するエリアは100都市以上に拡大し、対応端末も秋冬モデルで拡充していくとのこと。

150Mbpsの高速通信サービスを提供

さらに、2013年度内には東京・名古屋・大阪エリアで、国内では最速となる最大150Mbpsの高速通信サービスを提供することを発表しました。同社広報部によると、150Mbpsの通信に対応する端末は1.7Ghz帯の使用を検討中で、冬から春にかけて提供される見込み。

発表会ではこのほか、100コンテンツが月額で使い放題の『スゴ得コンテンツ』、『iコンシェル』、50GBのクラウド容量オプションをセットにした月額525円の『おすすめパック』、セキュリティ関連サービスをセットにした月額630円の『あんしんパック』、クリエーターのハンドメイド作品を出品・購入できる『dクリエイターズ』の新サービスを5月16日から開始することを発表。人気アプリ『LINE』との提携も発表され、『らくらくスマートフォン』向けアプリの開発やプロフィール画面へのドコモ回線による通話ボタンの設置といった計画が明らかになりました。

“ツートップ”と大胆にオススメ端末をフィーチャーし、回線の品質向上で『iPhone』との差別化を打ち出した今回のドコモの発表。「実質5000円」という『Xperia A』の価格設定もインパクトがあり、夏商戦に話題を提供しそうです。5月20日はKDDIがau夏モデルの発表会を予定しています。そちらもレポートしますのでお楽しみに。

ガジェット通信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング