iOS7の噂のフラットアイコンが流出するが実はフェイクだったらしくiPhoneユーザーひと安心

ガジェット通信 / 2013年6月10日 23時31分

日本時間の6月11日午前2時から行われるアップルのカンファレンス。今回のカンファレンスでは、iOSの新バージョンであるiOS7とOSXが発表される見通しとなっている。そのほか新サービスとして音楽聴き放題サービスiRadio(日本ではサービス未定)も発表される。

新iPhoneや新MacBook、また新iPad miniについては発表されるかは不明。

そんなiOS7はインターフェイスが一新されフラットなデザインになると噂されている。そのアイコンデザインが流出したようで、『9to5mac』に掲載されている。

このアイコンが好まれるかどうかは別として中には一見なんのアイコンだかわからないものもある。元はひまわりアイコンだった写真のアイコンも花びらのようなフラットデザインになっており、カメラはレンズではなく、カメラ本体そのまま、またSafariに至ってはコンパスアプリと間違えてしまいそうなデザイン。さすがにこのデザインは無いだろうと思ったらどうやらファンが作ったフェイクだったようだ。

このフラットアイコンには賛否が分かれているどころか、「既存のままでいい」という意見がほとんどでフェイクと知ったユーザーはひと安心。しかしデザインが変わることには間違いなさそうなのでまだ気を抜けない。

真相は今夜のWWDCで行われる発表会で明らかになる。また本物っぽいスクリーンショットも9to5Macがツイートしており、そちらも気になる。そちらのスクリーンショットは画質は悪いが、アイコンが多少変わっていることが確認できる。

What iOS7 looks like(英文)

※画像は9to5macより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング