【ソルデジ】バッファローから発売されたレンズ2個付きの180度ウェブカメラが面白い

ガジェット通信 / 2013年9月2日 19時0分

バッファローは180度という視野角を持つUSBウェブカメラ『BSW180ABK』を8月下旬に発売。価格は1万4070円だが実際の販売価格は7000円ほど。180度という視野角をどのように実現しているのだろうか。実は2つのレンズをつなぎあわせて1280x480という解像度を実現。1個のレンズは640x480で横幅だけが拡大され1280x480というウルトラワイドな解像度になる。

カメラの解像度は60万画素となっているがVGAサイズを実現するには十分である。

ほか本体にはステレオマイクもついており、ワイドに集音が可能となっている。また別途外部マイクを使いたいという人はマイク端子が付いているので、別のマイクを使うことが可能。

Windows、Mac OS Xに対応しておりドライバー不要で利用することが可能。オフィスや部屋の中での撮影よりも外で使うと面白いかもしれない。筆者の場合は『Xsplit』でカスタム解像度で「1280x480」と設定して配信すれば問題なく表示することができた。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング