ジャストシステムが一太郎とATOKの最新版を発表! スキャナーマウスが付いてくる

ガジェット通信 / 2013年12月3日 16時30分

毎年この時期になると発表されるジャストシステムの新製品。進化の止まらまい製品ではあるが今年は『一太郎 2014 徹(てつ)』となる。文字の罫線、レイアウト、印刷文書などこだわりのある表現が可能となった。

表形式罫線の強化を行い作業効率の短縮を行った今回のバージョン。さらに電子書籍にも最適化されており、EPUBがグッと楽になるという。

発売は2014年2月7日で価格と製品は次の通り。

一太郎 2014 徹 2万円

一太郎 2014 徹 プレミアム 2万5000円

一太郎 2014 徹 スーパープレミアム 3万3000円

『一太郎 2014 スーパープレミアム』にはキングジムのマウス型スキャナーが付属する。このマウス型スキャナーは取り込みたい場所をなぞるだけで、クリッピングできる便利なガジェットである。それを『一太郎』カラーの赤とロゴを入れて同梱。

ほか以下のソフトが同梱されている。

ATOK 2014

学遊工房フォント

ジーニアス英和和英辞典

花子 2014

Shuriken 2014

●ATOK 2014

本日もうひとつ発表された目玉製品『ATOK 2014』。今回のバージョンからはアクセルモードが搭載され最適な環境を構築し最大25%高速化。

以下はその他強化された機能だ。

・推測変換を強化し入力ミスをしても類推して候補を提示。

・日本語入力オフからでも変換可能。

・わかりにくいカタカナ語の言い換え表現を提示する。

・新しい『ATOKクラウド』サービス。

・ATOK for Androidの強化(『ATOK for Android Professional)。

ATOKクラウド推測変換は本日よりサービス開始となっており、『ATOK 2014』の発売日は2014年2月7日。

一太郎の公式サイト

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング