サービス開始より1年 グリーのメルマガ配信サービス『マガリー』が3月末で終了

ガジェット通信 / 2014年1月16日 12時16分

magalry

1月15日、グリーが有料メルマガ配信サービスの『マガリー』を3月末で終了すると発表した。いわゆるメルマガの“プラットフォーム”としては老舗の『まぐまぐ!』の他、ニコニコの『ブロマガ』や『夜間飛行』などがある。

ニコニコの『ブロマガ』では、例えばホリエモンや岡田斗司夫さんのチャンネルに入会することで、メルマガも読めてチャンネル会員専用の『ニコ生』を見ることができたりする。『夜間飛行』では、津田大介さんなどは月1のペースで『夜間飛行』のみの特別号を配信するなどしている。特に最近始まった『Kindle』端末への自動配信は大変便利だと感じる次第である。

それらよりも後発で昨年2月にスタートした『マガリー』は、サービス開始時よりメルマガの書き手としてしょこたんこと中川翔子さんや、お笑い芸人たちなどのタレントを中心に集めていた。グリーの中の人に話を聞いたことがあるのだが、言ってみれば“ファンクラブの会報”的なところを狙っていたようだ。アイドルやアーティストのファンクラブに年間数千円払って入会すると、会報が年に何回か送ってくるというシステムが多いが、それのデジタル版とでもいうべきか。しかし、利用者の数は当初からかなり厳しいものだったようである。

昨年10月には大規模なリストラが話題になったグリー。ソーシャルゲームの分野以外で収益をあげる方法を模索しているようだが果たして。

※画像は『Magalry』のサイトより

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング