『iPhone 6』のリーク写真? イヤホンジャックギリギリの薄さに大画面化

ガジェット通信 / 2014年2月13日 13時50分

毎度アップル製品は発売前のリークが絶えない。前回の『iPhone 5s』も『iPad mini』もそうだったが、今年発売されるであろう『iPhone 6』も例外ではない。そんな『iPhone 6』のような写真が『9to5Mac』に掲載されている。

その写真に掲載されている『iPhone 6』は、『iPhone 4』から『iPhone 5s』世代のような角張った本体とは異なり、滑らかな曲面の本体になっていることが確認できる。『iPhone 3G』や『iPhone 3GS』に近い形だろうか。大画面になると言うウワサも挙がっている『iPhone 6』だが、それだけでなく見た目も次期『iPhone 6』で大幅に変更されそうである。

また大画面化だけでなく、かなり本体そのものが薄くなっていることが分かる。その薄さはイヤホンジャックギリギリの薄さ。またホームボタンの指紋認証やLightningコネクタも確認できる。変更点としてはフロントカメラの位置が多少ずれたことだろうか。

もちろん掲載されている『iPhone 6』の画像は正式なものではない。過去に幾度となくアップル製品がリークされてきたが、当たっていた物もあれば外れていた物もある。今後のリーク情報もあわせて検証していきたい。

Could this be our first look at the much larger iPhone 6?(英文)

<この記事に対するコメント&ツイート>

・『iPhone 6』の写真が流出か

・開発機かも知れないけど、本当だったら薄いな。イヤホンの穴ギリギリの薄さしかない

・絶対折れるやろ

・毎度おなじみのリークなのかね。。

・だんだんギャラクシーに近づいてきたな

※みなさんのコメントやツイートを記事公開後に追記しております。

※画像は『9to5Mac』より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング