wikiサービス『@wiki』が乗っ取られ改ざん 閲覧するだけでウィルスに感染する恐れあり

ガジェット通信 / 2014年3月9日 22時0分

有限会社アットフリークスが運営している無料wikiサービス『@wiki』(アットウィキ)。ゲームの攻略wikiに活用されることが多く、また大勢でwikiタグを使い編集できることから人気を呼んでいた。

そんな『@wiki』が何者かに乗っ取られ、有名wikiにウィルスが仕込まれているという。それだけではなくユーザーのIDやパスワードも流出しており、二次被害が出る可能性もある。

人気ゲームアプリ『パズル&ドラゴンズ』(パズドラ)の攻略wikiには既に大量のウィルス(トロイの木馬)がJPEGファイルに偽装し仕込まれており、閲覧しないよう注意を呼びかけている。

今回の一件、3月8日深夜には『2ちゃんねる』や『Twitter』で騒がれはじめていた。しかし運営であるアットフリークスは土曜日の深夜ということもあり対応が出来ない状態であった。その後の調査で昨年の12月頃からウィルスやスクリプトが仕込まれていたことが発覚。

翌日になり、運営が全アカウントとパスワードをリセットし再設定するように告知。しかしリセット前のアカウントでログイン出来るという人も出ていたようである。それだけでなく、パスワード再発行フォームが改ざんされ、謎の画像(唐澤貴洋弁護士)が貼られるという状態に。

『@wiki』のアカウントは『mixi』やその他のソーシャルサービスと連携も可能で、もり漏洩したアカウントが連携アカウントの場合、誰が使っていたかも特定できてしまう可能性がある。

<この記事に対するコメント&ツイート>

・URLにatwikiって入ってるのは踏むなってことやね

・みなさん気を付けましょう。wiki見れなくなる・・・

・うわー、攻略見るからすげー困る……。

・仕込まれてるウィルスって迷彩型ゼウスだったの……早速過ぎるだろ……

・謎の画像の尊師で草

※みなさんのコメントやツイートを記事公開後に追記しております。

※画像は『atwiki』ウェブサイトより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング