はねプリ第76回「『全然つながらないよー』って場所でも、FireChatを使えば近くにいる人とチャットできる」 - 『FireChat』

ガジェット通信 / 2014年4月22日 14時0分

はねプリ第76回「『全然つながらないよー』って場所でも、FireChatを使えば近くにいる人とチャットできる」 - 『FireChat』

●『FireChat』ってどんなアプリ?

『FireChat』は、iOS 7に搭載されているマルチピアの無線接続機能を使い、インターネットを使わなくても周りの人とチャットが出来るアプリ。電波状況が悪い地下鉄や、大人数が集まるイベント会場でも周りの人とチャットすることができる。評価時バージョンは 1.4.1。無料。

●アプリURL

https://itunes.apple.com/jp/app/id719829352

●ひとことコメント

「『全然つながらないよー』って場所でも、FireChatを使えば近くにいる人とチャットできる」

はぎ:IT業界をひっそりただよう40歳。ある意味全然つながらない。

ねり:将来はガンダムパイロットになりたい女子大生。

はぎ:たまには話題のアプリを取り上げてみようということで、今回は『FireChat』について話してみようかと。

ねり:「たまには話題のアプリを」ってすごい姿勢ですね(笑)。

はぎ:ざっくり言うとチャットアプリなんだけど、注目すべき点は、iOSの新しい機能「Multipeer Connectivity」を使っていて、キャリアの電波が入らない「圏外」でも通信が可能だということ。

ねり:ほ、ほう……。

はぎ:Wi-FiとかBlueToothとか、そのとき使用可能なネットワークを使って、近くにいるiPhone同士が独自のネットワークを組んだ状態で、チャットできるようにしたイメージかな。

ねり:なるほどなるほど。

はぎ:なので、超混んでる場所で「全然つながらないよー」って場所でも、『FireChat』を使えば近くにいる人とチャットできると。

ねり:コミケのときとか、便利なのかも?

はぎ:モードとして、「グローバル」と「この近く」ってのがあって、「グローバル」はその国全体でのチャットみたいなんだけど、「この近く」は10m程度以内に『FireChat』を使ってる人がいれば、その人たちだけで会話できるみたいだね。

ねり:てことは、逆に言うとこの近くにいる人たちには会話が全部きこえちゃうってことなんですかね。

はぎ:そうなのよ。チャットルーム作ったりできれば違うんだろうけど、近くにいる人全員に見られちゃうとすると、技術的には面白いけどあまり使い道ない気がするよね、このアプリ。

ねり:まえ、『color』っていう写真の共有アプリがありましたけど、あれと似てますね。

はぎ:そうね、あれは「近くにいる人と写真が共有できる」ってやつだったね。技術的には全然違うけど。

ねり:wired.jpで「インターネットやソーシャルメディアへのアクセスが政治的に抑圧されている国々で、心配せずにメッセージを拡散することができる」って書かれていて、なるほどそういう考え方も出来るなと思いました。使い方次第で面白くなりそうですね。

はぎ:僕はライブで演奏とかもやってるんだけど、この技術を使ってライブ用にアプリを作って、そこにいるお客さんたちのiPhone上でリアルタイムに何か飛ばしたら面白いかなーって思った。地下のライブハウスとかって電波入らない場合もあるし。

ねり:でもこのアプリ、自宅で起動するのは怖いですよね~。

はぎ:え? なんで?

ねり:だって起動した瞬間「お帰り、今日は早かったね」とかいうメッセージが送られてきたら怖すぎます!

はぎ:おお! 新時代ストーカー!

はぎ:★★★☆☆ でもこの技術使ってもっといろいろ面白いことはできそう

ねり:★★☆☆☆ いまの時点では使いどころがあんまり分かんない感じがしました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング