話題の『マンボウ』アプリのアップデート情報がふざけ過ぎ

ガジェット通信 / 2014年6月27日 7時0分

マンボウアプリ

先日ガジェット通信で紹介したスマホゲーム『生きろ!マンボウ!3億匹の仲間はみな死んだ、放置系ドット育成ゲーム(以下、マンボウ)』。今朝最新版が公開されたようで、早速アップデートしようとアップデート内容を見てみると目を疑った。

アップデート内容をありのままに下記に記す。

いろいろあっぷでーとしたのー!

おまたせーしてごめんなのー!

■新しい死因の追加

2つもついかされたのおおおおおお!

■新しい食べ物追加

カキがついかされたのー。えいようたっぷりなのぉおおお

■重大なバグ修正

死因が1つうまらないばぐをなおしたのー!

ほんとうにほんとうにごめんあさいなのぉおおおお!

(以下略)

このようなマンボウ語でアップデート内容を紹介。全くアップデート内容が入ってこない。マンボウ語はひらがなだけかと思いきや、一部漢字つかっているしよく基準がわからん。

とにかく今回のアップデートで新しい餌と死因が2つ追加され、バグも修正されたようだ。

コンプリートしてしまった記者はさっそく新しい餌をゲットしに行ってみる。今回のアップデートで『マンボウ』は1.1.0になった。AppStoreよりダウンロード可能。

生きろ!マンボウ!-3億匹の仲間はみな死んだ、放置系ドット育成ゲーム-

アップデート

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング