パチスロ『熊酒場2丁目店』出玉率「119.9%」で話題! 単純明快・歓喜に酔いしれる居酒屋Aタイプへ期待度急上昇!!

ギャンブルジャーナル / 2017年6月1日 13時0分

写真

『Rio』シリーズ・『シンデレラブレイド』シリーズ・『スナイパイ72』・『十字架3』のヒロインを集結させた『ドリスタせかんど』や、迫力のガンアクションが楽しめるリボルバー役モノを搭載した『賞金首2』など2017年も個性的な機種を発表している遊技機メーカー「ネット株式会社」。

斬新な機種を多く発表している同社は、7月にさらなる話題作を導入予定だ。その正体は「本格的居酒屋Aタイプスロット」として人気を博した『熊酒場』の第二弾である。

『熊酒場』というネーミングはもちろん、居酒屋の雰囲気を出している筐体など話題性は十分。扉が開いて熊の女将が出てきたら大当たりという単純さも、ユーザーの心を掴んだ要因の一つだろう。

第二弾となる本作も完全告知のノーマルタイプ。「扉が開けばボーナス確定」という、初代から受け継いだ扉役モノの名物演出は健在である。SPボタンによる演出モードの切り替えも可能となっており、幅広い層のユーザーが楽しめそうな印象だ。

伝説の名機が復活。この事実だけでも話題になることは当然だが、最も大きく取り上げられているのは本機のスペックである。

ボーナス合成確率は1/157~1/101(設定1~6)。大量出玉の獲得へ繋がるBIG確率(設定1~6)は1/264~1/202と現行機種でもトップクラスだ。

そして設定6の出玉率はノーマル機最高峰の119.9%。「い(1)い(1)熊(9.)がく(9%)るぞ!」とのインパクトの有るキャッチフレーズの効果もあり、多くのユーザーの注目を集めることに成功している。

「マジで119.9%あるの!?」「ネット本気だな」「入らないとは思うけど夢が持てる」とユーザーは好反応。『熊酒場2丁目店』への期待度は、日に日に高まっている状況だ。

「もちろん『さすがに入らないでしょ?』『入れられないよね』との声も上がっていますがインパクトは十分ですよ。気にならないはずはありません。誰もが1度は打ちたいと思うんじゃないですかね。

ホームページ上の『ノーマル機最高峰の設定6の出玉率119.9%をできるだけ多くのプレイヤーにお楽しみ頂けるようパチンコホールのいい熊出没店!をバックアップ!DMMぱちタウンと連動した特設ページで、お近くのいい熊出没店をご紹介します』とのコメントにも反応は大きいです。特設ページの公開を待ちわびているユーザーが多いようですね。

単純明快なゲーム性は誰でも楽しめると思いますし、居酒屋パチスロならではの斬新なリーチ目や、名司会者大木凡人さんが前口上として登場するボーナス楽曲など楽しめるポイントはたくさんあります。居酒屋をモチーフにした筐体は、今の時代でもウケそうです。注目度が高まっている『熊酒場』のヒットは、現実味があると思いますよ」(記者)

ボーナス終了後に楽曲の採点結果が出てくるお楽しみ機能「熊カラ」や、10地域12店舗・名店居酒屋の女将さん生ボイスが聞ける機能も搭載。出玉率だけではなく、誰もが楽しめる演出を取り込んでいる点も本機の魅力だ。このゲーム性が受け入れられる可能性は、非常に高いのではないだろうか。

遊びやすさ・わかりやすさを追求し、打ち手を問わず楽しめる至高の1台。歓喜に酔いしれる居酒屋Aタイプパチスロ『熊酒場2丁目店』の導入が非常に楽しみである。
(文=ギャンブルジャーナル)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング