『聖闘士星矢 海皇覚醒』で話題の「SANYO」とパチンコ店の強力タッグに注目! ファン理想の「短時間でスピーディな展開が楽しめる」仕様を実現!?

ギャンブルジャーナル / 2017年6月11日 8時0分

写真

先日、発表された人気シリーズ第4弾。2段階のバトルARTシステムを搭載した『パチスロ 聖闘士星矢 海皇覚醒』に対する反響は、日に日に高まっている印象だ。

本機が注目されている最大の理由は「ケタ違いの出玉性能」に他ならない。上位ART「聖闘士RUSH」の初期ゲーム数は平均200Gか400Gとかなり強烈。さらにゲーム数上乗せ性能も超強力となっており、最強の特化ゾーン「千日戦争」の平均は約650G。プレミアム「アテナフリーズ」を引ければ、なんと4桁ゲーム数が保証されるのだ。

平均獲得枚数は驚愕の約1,350枚と、この破壊力は間違いなく5号機最高レベル。上乗せも絡めながらロング継続を目指す“強烈すぎる”ゲーム性が、ユーザーの心を掴んでいるのだ。

パチンコからも国民的パチンコ最新作『CRスーパー海物語IN沖縄4 桜バージョン』を導入予定と、ヒットメーカー「SANYO」への注目度は非常に高い。

そんな「SANYO」が再び話題を集めている。全国チェーン型パチンコホールの展開をする「ダイナム」と共同開発した『CRAスーパーわんわんパラダイスDS』を、6月5日より導入することを発表したのだ。導入されるのは全国の「ダイナム」系列375店舗で、導入台数は1000台となっている。

一般販売されている大当たり確率1/99の『CRAスーパーわんわんパラダイス おかわりver.』を元に開発された本機のスペックは、大当たり確率1/99.9~1/48.2。確変突入率は50%でSTは60回となっているが……。

注目すべきはラウンドが6R・15Rでカウントは9個となっている点だ。電サポ回数は30回か60回で、15R大当たり時の出玉は約1080個となっている。

ラウンド数を7カウント16R(約784個)から9カウント15R(約1080個)に変更。1回の大当り出玉を増やすことで、多くのユーザーが求めていた「短時間でスピーディな展開が楽しめる」仕様を実現したのだ。ホールの膨大な遊技データから「お客様の目線に立ったパチンコ・パチスロをより楽しめる遊技機」の開発を目指す「ダイナム」らしさを感じる仕上がりとなっている。

「時代は変わる。人も変わる。パチンコやパチスロも変わっていかなければならない」という理念を掲げる「SANYO」と、たくさんのユーザーに「より遊技を楽しんでいただきたい」という想いを抱く「ダイナム」の共演だからこそ生まれた1台。

「短時間でスピーディな展開が楽しめる」だけではなく、演出とゲーム性が分かりやすく初心者も気軽に遊べる仕様となっている『CRAスーパーわんわんパラダイスDS』を、ぜひともご堪能いただきたい。
(文=ギャンブルジャーナル)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング