『CRヱヴァンゲリヲン』最新作! 興奮の新演出、安心のゲーム性・納得の出玉を搭載の「プレミアムなヱヴァ」がついに発進!!

ギャンブルジャーナル / 2017年6月13日 8時0分

写真

パチンコを代表するコンテンツ『エヴァンゲリオン』シリーズより最新作が登場予定。「フィールズ」のHP上で公式サイトが公開され、ユーザーの注目が集まっている。

「全てを新しく作り直した」と宣言する最新作は『CRヱヴァンゲリヲン ~いま、目覚めの時~ Premium Model』。大当たり確率約1/99.9となる、甘デジファンのために作られた甘専用機だ。

■大当たり確率:約1/99.9 → 約1/77.0
■賞 球:4&1&5&4&10
■カウント:7カウント
■ST回数:50回
■電サポ回数:25回/50回/100回
■実質ラウンド:15R(1050発)/10R(700発)/5R(350発)

原点回帰の王道スペックで人気を博したシリーズ第11弾の甘スペック。「これまでの10作品を経た集大成」と考える自信作を、より幅広い層のユーザーに楽しんでもらいたいと考えての発売のようだ。

注目したいのは、右打ち時の大当り50%が15Rとなっている点である。手軽に遊べるスペックではあるが、大量出玉の獲得も夢ではない。また大当り後には必ず電サポ100回(ST50回+時短50回)が付いてくるなど、安心のゲーム性も魅力。多くのユーザーに好評を得そうな気配だ。

初当りがスーパービッグボーナスなら、必ずST50回+時短50回の「アルティメットバトルモード」へ突入。初当たりから1000発以上の出玉と、電サポ100回を狙える仕様になっている。

初当りがボーナスの際は、ラウンド中に昇格成功すれば「アルティメットバトルモード」へ突入。昇格しなかった場合でも、電サポ25回or50回の「使徒襲来モード」で引き戻せば突入できる。ここで注意したいのは「使徒襲来モード」で電サポが25回だった場合だ。その際は電サポなし25回転の「ミッションモード」へ移行となる。同モード中は高確率となっているので即ヤメは厳禁だ。

「全てを新しく作り直した」と宣言するように、新たな要素が加わった演出面も見逃せない。右打ち中の演出が本機専用のプレミアム仕様となるなど、興奮必至のオリジナル演出が多数搭載されている。

もちろん「レイ背景予告」や「次回予告」など前作で好評を得た演出は継承。ファンも納得すること間違いなしの「進化版ヱヴァ11」といえるだろう。甘デジではあるが、注目の新台であることは間違いない。

前作『ヱヴァンゲリヲン11』は、導入時こそ好稼働を誇っていたが大ヒットとしたとは言い難い。しかし「このスペックはあり」「ミドルは打ってないけど、こっちは打ちたい」という声が続出している状況。この甘専用機のスペックは、多くのユーザーに注目されているようだ。

安心のゲーム性と納得の出玉、興奮必至のオリジナル演出も追加された「進化版ヱヴァ11」の発進まであとわずか。『CRヱヴァンゲリヲン ~いま、目覚めの時~ Premium Model』は6月19日に導入予定だ。
(文=ギャンブルジャーナル)


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング