新台『牙狼GOLD STORM翔』必死なアピールにドン引き!? 「1万円プレゼント」開催の裏に隠れるホンネとは

ギャンブルジャーナル / 2017年7月27日 16時0分

写真

サンセイ R&Dは、パチンコ新台『CR牙狼GOLDSTORM翔』の発売に伴い“#運命を引き抜け牙狼剣抜けたら1万円キャンペーン”を2017年7月24日(月)から7月30日(日)まで開催することを発表した。

本キャンペーンは、スマートフォン専用特設サイトにアクセスし、Twitterアカウントで参加することが可能。参加者たちが画面をタップすることで、中継されている“実物の牙狼剣”を牙狼の腕が引き抜く。見事“牙狼剣”が引き抜けたら、参加者の中から抽選で「1万円が当たる」という内容になっている。

『牙狼GOLDSTORM翔』では、筐体のデバイスの“牙狼剣”を引き抜く演出が見所の1つ。本作ならではのゲーム性の浸透、及び『CR牙狼シリーズ』の稼動貢献につなげたいと考えているようだ。

新台導入前に、このようなキャンペーンが開催されることは珍しくはない。今年3月にもパチスロ『押忍! 番長3』が導入を記念し、対決演出を再現したブラウザゲームによって条件をクリアすれば「オリジナルクオ・カード3,000円分」を獲得できるキャンペーンを実施している。

『押忍! 番長3』は導入から好スタートを切ったが、キャンペーンの開催が稼働に影響を与えた可能性は十分にあるだろう。このようなキャンペーンが、機種の効果的なアピールになることは明白だ

しかしオリジナルグッズなどとは異なり、「1万円が当たる」というサンセイ R&Dの必死さが感じるアピールに興ざめしたユーザーも存在しているようである。

「導入前に、少しでも機種の魅力をアピールしたいと考えるのは当然ですよ。ヒット作が生まれにくくなった新基準機であれば尚更でしょう。そのように考えれば、台の魅力が感じられるだけではなくプレゼントももらえるキャンペーンは大きな効果が見込めると思います。

しかしプレゼントの内容が過剰すぎると、不安を感じてしまうユーザーもいるようです。『台に自信がないのかな?』『お金で注目を集めるとか必死すぎでは?』という声も上がっています。インパクト抜群の筐体、新たな試みも盛り込まれているなど完成度は高いと思います。ただ多少の不安があったとしても不思議ではありませんよね。ビックコンテンツだからといって、確実にヒットする時代ではありませんから」(パチンコライター)

大当たり確率1/319でST突入率61%、右打ち中の大当りがALL2000発という破壊力を秘めた『牙狼GOLDSTORM翔』。電サポ中の当たりは通常の場合もあるが、必ず時短100回が付くため引き戻しに期待が持てそうだ。

ST中は大当たり確率1/127.5に対し回数が187回となる点も魅力。82%が16R確変となるため大量出玉の獲得も可能だ。圧倒的爆発力で旋風を巻き起こした『牙狼』らしさは継承されているとも言える。

ヒットする条件は整っているかのように思えるが、導入前の「強烈なアピール」がなければ新基準機で成功を収めることは難しいのだろうか。いずれにせよ今回のキャンペーンが『牙狼GOLDSTORM翔』の稼働状況に、何かしらの影響を与えることは間違いないだろう。
(文=ギャンブルジャーナル)

ギャンブルジャーナル

トピックスRSS

ランキング