サミー『北斗の拳』も霞む“伝承者!?“が? 名物メーカー「話題作」登場まで間もなく?

ギャンブルジャーナル / 2019年2月12日 16時0分

写真

 パチンコ・スロット両分野で業界を牽引するビッグコンテンツ『北斗の拳』シリーズ。

 今年はすでに2機種が登場しており、パチスロは『蒼天の拳 朋友』(サミー)がシリーズ初の新規則6号機としてデビュー。初代『北斗』を継承したバトルボーナス、その純増枚数は約6.0枚と往年のファンも注目の作品となった。ホールによっては高稼働も目立つ状況だ。

 一方、パチンコはこちらも新規則機となる『PA北斗の拳7天破』が登場。スペックは6段階設定の甘デジタイプで、設定の優位性を活かした時短突破型となっている。高い連チャン性が魅力の1台だ。モチベーションの高いホールは多く、ユーザーからの評判も良い印象である。

 2019年も勢いが止まらない業界の覇者『北斗の拳』シリーズ。一部では、パチンコの大ヒット機種『北斗無双』がパチスロでリリースされるとのウワサも浮上するなど、今後の展開から目が離せないが......。

 そんな覇者に続報が?

 同シリーズをベースにしたアノ「ギャグ漫画」が、新規則機で検定を通過したことが明らかになったのだ。

「可愛らしく笑える世界観を継承した『DD北斗の拳』が高尾さんから検定通過しましたね。同作は『199X年の核戦争』が起きなかったパラレルワールドを舞台とし、原作のシーンやセリフがパロディネタとして多数採用された話題作。

パチンコは2016年にリリースされており、ギャグタッチで描かれた『死兆星ランプ』『強敵背景予告』『百裂拳演出』などの激アツ演出や、吉木りさ&ヒャダインが歌う楽曲が搭載されるなど、さまざまなファン層から注目を集めました。

そんな『DD北斗』最新作はケンシロウの義兄『ジャギ』が主役となっています。ジャギといえば、パチンコでは"激アツキャラ"として人気の名物キャラクター。そのジャギが主役という時点で興味深いですよね。まずは、続報に期待したいところです」(記者)

 他社とは異なる独自路線を貫く高尾。そんな名物メーカーが仕上げる『北斗』シリーズ最新作はどのような仕上がりとなるのか。

 サミー版『北斗の拳』超えに期待したいところだが果たして......?
(文=編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング