眉の形で変わる!プロが教える顔タイプ別「小顔メイク」NG&正解テク

GATTA / 2019年4月20日 20時30分

写真

芸能人のような小顔になりたいという願望を持っている方も多いですよね。数あるメイクの中でも“眉メイク”は顔の余白を調整し、簡単に顔を小さく見せられるということをご存知ですか?

そこで今回は、顔型別に小顔に見せる眉メイクのポイントとNGメイクを、ビューティープロデューサーの小笠原彩さんに教えてもらいました。

1:丸顔タイプ

まずは丸顔さんの小顔眉メイク術をお伝えしていきます。

丸顔さんの場合、顔の輪郭をカバーし、すっきり見せるポイントをつくることで小顔に見せることが可能です。

(1)直線のラインをつくる

眉で直線のラインをつくることで、顔の輪郭をカバー。また、直線のラインが顔の余白を目立たなく見せてくれるので、小顔効果をも期待できます。

(2)角をつける

丸みを帯びた眉にしてしまうと顔の輪郭を強調してしまうので、少し眉山に角をつけるように描いてあげるとメリハリがでますよ。

(3)眉頭は鼻筋に消えるように描き、顔の中心にメリハリを

最後に眉頭は鼻筋に消えるように描くと顔の中心にメリハリが出て、お顔全体をすっきりとみせることができます。

NG:アーチすぎる眉

アーチの丸みが輪郭の丸さを強調してしまうので、膨張してみせてしまうことがあります。直線と角と丸みを強調しない眉を意識していきましょう。

2:面長タイプ

次に面長さんの小顔眉メイクのポイントをお伝えしていきます。

面長さんは顔の横幅を強調し、目から下の長さをカバーすることによって小顔を目指します。

(1)眉尻は少し長めに描く

眉尻は少し長めに描くと顔の横幅を強調することができ小顔効果が期待できます。

(2)眉の山から眉尻の下のラインを強調する

面長さんは目の下から顎までが強調されていることが特徴です。この部分を目立たなくさせるためには、少し目線を下に見せるようつくることがポイント。

特に眉山から眉尻の眉下のラインをしっかりとつくることによって、目線を外側に、かつ下めに見せてくれるので小顔に見せてくれます。

NG: 短すぎる眉&上めに描く眉

短すぎる眉は顔の横幅を強調できず、顔の中心を強調してしまうため、横の他の余白を強調して見せてしまいます。

また、眉の上ラインを強調して描くと、全体的に顔が伸びたような印象になることも。

3:エラ張りタイプ

最後にエラ張りさんの小顔眉メイクのポイントをお伝えしていきます。

エラ張りさんは顎のラインをカバーできるように、全体的に丸みを帯びた印象をメイクでつくりましょう。

そして少し求心的に描くことによって、お顔の外側のラインを目立たせず小顔に見せることが可能になります。

(1)緩やかなカーブをつくる

輪郭を強調しない緩やかなアーチ型眉につくることがポイント。輪郭をぼかしてくれます。

(2)眉尻を長めに描く

眉を長めに描くことによって、顔の余白を目立たないようにします。また、目線を目元に持っていくことが可能に。輪郭をぼかす効果も担ってくれます。

NG:眉山の角をつけすぎる

眉山にしっかり角をつけてしまうと、輪郭のラインを強調していまいます柔らかなアーチ型の眉を目指しましょう。

 

小顔に見せようとするとハイライトやシェーディングにばかり目が向きがちですが、実は眉メイクも大きな役割を担っています。

顔型別に小顔眉メイクを取り入れてみてくださいね。

【画像】
※ New Africa、TanyaKim / Shutterstock、Ushico / PIXTA(ピクスタ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング