【2019春夏トレンド】オン&オフ使える最旬「パンツスタイル」6選

GATTA / 2019年5月8日 21時0分

写真

2019年春夏は昨年に引き続き、オフィススタイルでもプライベートスタイルでも“身軽さ・軽快さ”がキーワードです。オンオフどちらでも使えるパンツスタイルの需要が高まっているこの春夏。

そこで今回は、両機能を兼ね備えた最旬“パンツスタイリング”をご紹介します。

ずるっとしたワイドシルエットパンツでラフ感を

写真のように、テーパードやタックがきっちり入ってないパンツは、オフィスだけでなく、プライベートシーンでも活躍するパンツです。ビジネスシーンではシャツやブラウスと合わせてビジネスライクに。プライベートでは、トップスにシンプルなノースリーブや、半袖のサマーニットなどを持ってくると、一気に大人ラフな雰囲気に。

パンツは一見フォーマルっぽくみえても、“ラフにも使えるかどうか”で選ぶとコーディネートの幅が広がります。

春夏に着たくなる「白パンツ」は今季ねらい目

2019年春夏に大流行の白のパンツ。綿やデニムのような普段使いできる素材なら、プライベートでも動きやすく、身軽なコーディネートが完成します。カジュアルオフィスとして取り入れるなら、ジャケットを羽織るとスマートさを演出できます。

テーパードタイプを選ぶと、足首をみせることができるので、白でもすっきり細見えが叶います。また、同じくセンタープレスのデザインで、Iライン効果を狙ってみるのもいいですね。

テロンとした素材のパンツでリラックスムードに

2019年春夏、サテンや薄い綿素材のテロンとしたパンツが急上昇中。ここ数年“動きやすさ”がオフィスシーンでもプライべートでも重視されるようになったのが、要因のひとつのよう。特にショップに多く並んでいるのは、サテン素材のパンツ。

柄物や派手な色が今季のトレンドなので、トップスはシンプルな白いTシャツにしてコーディネートしましょう。もちろんジャケットを羽織れば、オフィス着としても使えます。

大人だから着こなせる色味のオールインワン

アースカラーは、2019年の春夏大流行中。なかでも大人の着こなしとして、ぜひ試してみたいのが麻素材のオールインワン。麻は素朴になりそうに思えますが、ぐっとゴージャスにみせてくれます。

靴は、アースカラー系と相性の良い色のヒールなどで合わせると、女性らしさとフォーマルさが出るのでおすすめです。

シワ感のあるスポーティーなナイロン系のパンツ

今季よく目にする「シワ加工」。一見着こなすのが難しそうなこのシワ加工の素材ですが、シンプルなトップスと組み合わせると一気にトレンド感がでます。また、ナイロン系の素材でスポーティー要素も加えるのが、今季らしくておすすめです。

色はペール系やアースカラーがベスト! ビジネスシーンでは、写真のようなモノトーンコーデにして、色で引き締めるとオフィスでもなじみます。またはパンツと同色系のジャケットを着ると、セットアップのような印象を与えます。

王道のブラックパンツは何着あっても使える

王道のモノトーンコーデはオンオフスタイルの鉄板スタイリング! 王道に白のトップスをもってきて、洗練された雰囲気を演出しましょう。太めなシルエットを選ぶと、ほどよいモード感が演出できるでしょう。

 

ぜひ今回のテクニックを活用して、オンオフ両方で楽しめるパンツをみつけてみてください!

【画像】
HUANG Zheng、Street style photo、 DKSStyle、 Ferruccio Dall’Aglio、 aniarenard、FashionStock.com / Shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング