ブローはしないほうがいい?美容師が教えるやりがちNG&正解ヘアケア

GATTA / 2019年5月18日 22時0分

写真

髪をきれいに保つために欠かせないヘアケア。しかし、間違った方法で行ってしまうとむしろ髪にとってマイナスに転じてしまうことも。

そこで今回は、美容師の野澤琢眞さんに、普段のヘアケアでやってしまいがちなNGケアを教えてもらいました。

NGケア1:シャンプーの2度洗い

毎日のヘアケアで欠かせないのがシャンプー。泡立ちが悪いのを理由に2回シャンプーをしてしまっていませんか? 実はこれはNGヘアケア。

多くのシャンプーの中に含まれる界活性剤面という泡立てる成分は、必要以上に使いすぎると髪を傷める原因や頭皮の荒れのもとになる可能性があるといわれています。シャンプーは、原則1日に1度を心掛けましょう。

また、そもそも1度目のシャンプーで泡立ちが悪い原因は、スタイリング剤や汚れが髪や頭皮に付着していてシャンプーの泡立ちを邪魔している場合が。それを防ぐためには、シャンプー前にしっかりと“お湯洗い”をしましょう。お湯洗いでほとんどの汚れは落とすことができますので。シャンプーの泡立ちもよくなるはずですよ。目安はお湯洗いだけで1分以上です。

NG2:ダメージ毛以外へのトリートメント

シャンプーをしたら、トリートメントも当たり前のようにしている方多いですよね。もちろん髪のダメージが進んでいる方はしっかりとすることで、きれいな髪質へ導くことが期待できます。しかしダメージの進んでいない髪へのトリートメントは逆効果になることも。

もともと潤いのある髪にトリートメントをつけてしまうと、髪の質感が必要以上に重たくなってしまったり、べたついてしまったりと質感を損なう場合があります。自分の髪にトリートメントが必要かどうかをたしかめてから使うようにしましょう!

NG3:ドライヤーの時のブロー

ドライヤーを使う際、より髪にツヤを出そうとブラシを使って髪を整えながらかけていませんか? たしかにブローをすれば一時的に髪にツヤを出たり、手触りをよくなったりします。しかし髪にブローをするということは、髪に摩擦を加えることになるので、毎日行うことはおすすめしません。

髪を乾かす際はなるべくテンションを加えないように風の力だけで髪を乾かし、本当に必要なときだけブラシやアイロンを使ってツヤを出すようにしましょう。

 

毎日行うヘアケアは間違っていませんでしたか? 正しいヘアケアで美髪を目指しましょう!

【画像】

※Dasha Muller、Pixel-Shot / Shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング