美容師が教える!ショートヘアの「外ハネ問題」解消テク3つ

GATTA / 2019年6月14日 21時0分

写真

ショートヘアは特に、スタイリングするとき、片方だけハネていたり、まとまらなかったりすることありませんか? 美容師のナカイヒロキさんによると、お客様からも直すのに時間がかかるし、スタイリングが大変という声をよく聞くそう。

そこで今回はナカイさんに、ショートヘアの方におすすめの、外ハネを解消するテクニックを3つ教えてもらいました。ほんの少し工夫するだけでいいそうですよ!

1:髪の根元を起こすように乾かす

髪の毛がハネる原因で一番多いのが、髪の乾かし方です。

顔周りから後ろに向かってドライヤーで乾かしていませんか? このように乾かすと、髪の根元が後ろに引っ張られて潰れやすく、毛先が前に向かってハネやすいです。

また、髪の根元が潰れると毛先が内側に入りにくいので、髪の根元を起こすのが大切。ドライヤーを下のほうから髪の根元を起こすように当てて乾かしましょう! 一定方向に風を当てるのではなく、前後左右いろいろな方向から風を当てるのがポイントです。

2:ストレートアイロンで毛先を巻く

根元を起こすように乾かしてもハネるときや時間がないときは、ストレートアイロンを使うのがおすすめです。ストレートアイロンなら簡単に短時間で跳ねを直すことができます。

やり方はとても簡単で、ハネている部分を持ち上げて、根元〜毛先に向かって丸みをつくるようにストレートアイロンを通すだけ。ストレートアイロンの温度は180度で、ゆっくり通してあげると一回できれいにまとまります。

3:ワックスでおさえる

時間が経つとハネてくるときはワックスを使いましょう。

朝はドライヤーやストレートアイロンでおさえることができますが、時間が経つとハネてくるということも多いです。

それを防ぐためには、ワックスを使って形をキープするのがおすすめ! シアバタータイプのワックスを髪の毛全体に薄く馴染ませましょう。髪の毛をコーティングし湿気などから守ります。

 

ハネないようにするにはちょっとしたコツが必要。コツを掴んでしまえば、簡単にハネないショートヘアにすることができます!

今回ご紹介したテクニック使ってヘアスタイルを楽しんでくださいね。

【画像】
※ Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング