えっ、これ国内なの!? 海外旅行気分を味わえる国内おすすめスポット5選

GATTA / 2019年7月1日 21時30分

写真

海外旅行に行きたいけれど「なかなか時間が取れない」「語学に不安がある」「子連れで海外はハードルが高い」などの理由で、海外旅行をあきらめている方もいるのでは?

そんな方におすすめなのが、海外のような雰囲気を味わえる日本国内のスポットにお出かけすること。

今回は「これは本当に日本!?」と思わず驚く、国内のスポットをご紹介します。

1:北海道「小樽運河」

北海道旅行の定番観光スポットのひとつ『小樽運河(おたるうんが)』。小樽はその昔、北海道が開拓されるときに港として使われ栄えた貿易港。石造りの倉庫が軒を連ねる異国情緒あふれる街並みが楽しめます。

2:兵庫「神戸旧居留地」

兵庫にある『神戸旧居留地(こうべきゅういりゅうち)』はその昔、神戸港が開港した際に、外国人の居留地としてつくられた街。

戦後復興して今もなお洋風の建物が立ち並んでいて、異国情緒を味わえる街並みです。

3:東京「福生ベースサイドストリート」

アメリカ空軍・横田基地に面する国道16号線沿い(※通称『福生ベースサイドストリート(ふっさべーすさいどすとりーと)』)には、アメリカンテイストのショップがたくさん並んでいます。

沖縄の米軍基地内かはじまったアメリカ発の人気アイスクリームショップ『ブルーシール』の関東一号店が。雰囲気だけでなくグルメも楽しめるんです。

また、このエリアには戦後まもないころに建てられたアメリカンハウスが残されています。金土日祝は無料で開放されているので、週末旅にぴったりのスポットです。

4:群馬県「ロックハート城」

中世ヨーロッパの街並みを再現した大理石村『ロックハート城』。『恋人の泉』やウェディングギャラリーといった展示が多く、恋人の聖地とも呼ばれるこの場所は、恋人同士で訪れるのにおすすめです。ドラマのロケなどでも使用されているそうですよ。

5:三重「志摩地中海村」

スペインやイタリアの地中海の街をイメージしたリゾート施設『志摩地中海村(しまちちゅうかいむら)』。一歩施設内に入ると、そこにはまぶしいほどの真っ白な建物が立ち並び、異国情緒あふれる景色が広がっています。

デザインや設計は本場スペインの設計士によるもの。細かいデザインからリアルな地中海の雰囲気を感じることができるのも納得です。

 

国内旅行の魅力は何といっても気軽で、言語の心配がいらないところ。普段とは違った雰囲気を楽しめる旅行に出かけてみませんか?

【画像】
ryo k、AmeOyaji、shiii / PIXTA(ピクスタ)、Whoever、fizkes / shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング