1日たった1分でOK!座ってできる「くびれお腹を目指す」ケアポーズ

GATTA / 2019年7月23日 22時0分

写真

ぽっこりお腹をケアするストレッチやエクササイズはきついイメージがありますよね。つらいことは続かず諦めがちです。それでもどうにかしたいと思っている人は多いはず。

そこで今回は、ヨガインストラクターのyuukaさんにお腹ケアの方法を教えてもらいました。まずは第一歩として、くびれがあるお腹を目指すケア方法です。yuukaさんいわく、くびれができるだけで見た目のバランスが変わるとのこと。さっそく今日からはじめてみましょう!

くびれづくりには骨盤ケアも重要

くびれの有無は、もともとの体型も関係しています。しかし、もともとあったくびれがいつの間にかなくなっているという場合は、骨盤の歪みが影響している可能性も。

骨盤の歪みは、くびれへの影響だけでなく内臓の位置を下げ、お腹周りをぽっこりさせるといわれています。これから紹介するケア方法はくびれと骨盤のケア。簡単にできるものなので、ぜひ試してみてくださいね。

座ってできるくびれ&骨盤ケア

(1)座った姿勢ではじめましょう。

(2)両脚を左方向へ流し、両腕は後頭部へおきます。

( 3)お腹を上に引き上げます。

(4)息を吸います。息を吐きながら胴体(上半身)を左方向へ倒していきます。

(5)下腹部、左腹が伸びているのを意識しながら、ポーズをお腹で支えるようにして5呼吸キープします。

(6)息を吸いながら胴体(上半身)を戻し、再び息を吐きながら倒します。

(7)3〜5セット行います。

(8)反対側も同様に行います。

 

伸びにくい方は余分に行ってください。慣れてきたら、天井を仰ぐようにして胴体(上半身)をひねり、負荷を強化してもOKです。

テレビを見ながらでもできるケア。まずは1日1分からはじめてみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング