ガチガチに体が硬い人でもOK!1日3分でできる「柔軟ストレッチ」

GATTA / 2019年8月14日 21時0分

写真

体が硬くて前屈も厳しい……普段あまり意識することのない“柔軟性”ですが、ヨガインストラクターのyuukaさんによると、体を柔らかくすることでメリットがたくさんあるのだそう。

そこで今回はyuukaさんが、ガチガチに体が硬くてもできる“壁を使った柔軟ストレッチ”をご紹介します。1日3分あればできるので、ぜひ試してみて!

1:「美姿勢」を目指す柔軟

yuukaさんによると、姿勢の悪さは痩せにくい体になる原因の一つになるそう。前屈さえも辛い……という人でも簡単にできる、壁を使った柔軟です。

(1)両手を壁につき、腕は肩幅程度に開きましょう。

(2)ひじが伸びた状態で、壁から1メートルほど離れたところまで下がります。

(3)両手で壁をしっかりと押しながら、上体を折り曲げて、腕と腕の間に頭を沈めていきます。

(4)背中を少しだけ反らすようにして、お尻は後方へ突き出します。

(5)脚の後ろ側全体、腰、背中が伸びる位置を確認します。

(6)気持ちよく伸びると感じる位置で20秒キープします。

(7)一度体勢を戻し、再び行いましょう。

(8)20秒を3セット行います。

2:「くびれ美人」を目指す柔軟

脇腹が縮んで硬くなると、呼吸が浅くなり、ウエストのくびれも埋まってきてしまうことも。しっかり伸ばすことで、姿勢もすっと伸びやすくなり体が楽になりますよ。

(1)左側を壁に向けて立ちます。手を壁につけ、ひじが壁につくところまで近づきましょう。

( 2)(無理のない範囲で)右腕を上げて壁に手をつきます。両手の指先を向かい合わせにしましょう。

(3)右側の体が伸びているのを感じます。

(4)さらに右胸を上へ向けるようにして、体を捻りながら目線を上へ。

(5)深い呼吸をしながら、吸う息で体を伸ばし、吐く息でリラックスするように意識しましょう。20秒キープします。

(6)20秒を2~3セット行ったら、反対側も同様に行います。

 

どちらもとっても気持ちよく体が伸びます。柔軟体操やヨガに苦手意識がある人でも簡単にできるストレッチ。一日一回の日課にしてみませんか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング