【IKEA・100均・無印】優秀すぎる!プロが厳選したマストバイ収納グッズ9選

GATTA / 2019年9月9日 20時0分

写真

部屋の雰囲気を壊さないシンプルな収納用品にしたい。でも、たくさん必要だから、できればプチプラアイテムでそろえられたらな……と思う方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プロがおすすめする“IKEA・100均・無印”の収納アイテムを厳選してご紹介します。ご自宅のインテリアに合うアイテムを探してみてくださいね!

100円均一

1:「ワイヤーラティス」と「面ファスナー配線ベルト」でアイデア収納

まず、1つ目はこちらのテーブル下のランチョンマット収納です。テーブルに座ったままで、ランチョンマットを出し入れできるズボラ収納として活用!

こちらは、100円ショップなどでよく見かけるワイヤーラティスを、ケーブルをまとめるのに使う面ファスナー配線ベルトでテーブル下に固定して棚にしています。いずれも元々は別の用途で買ったものを使いまわした収納アイデアですが、プロでさえ名案!と思った活用アイデアです。

テーブルの構造によってはファスナー配線ベルトが取り付けられない場合もあるかと思いますが、そのときは突っ張り棒で代用する方法もありますよ。

2:「軟式カードケース」で扉裏スペース活用

2つ目は、軟式カードケースを使った扉裏収納です。

洗面所のシンク下収納の扉に換気扇用のお掃除フィルターを収納するのに使っていて、とても便利です。

これも100円ショップによく売られている軟質カードケースを両面テープで貼り付けただけの簡単収納です。

トイレにも吊り戸棚の扉裏に同じものを貼り付けていたり、キッチンの吊り戸棚裏にはもう少し小さいサイズのカードケースを賞味期限のラベリング用シールの収納用に取り付けていたりします。

扉裏などにちょっとした小物やカード類を収納したいときには便利!

3:バリエーション豊富なダイソーの「積み重ねボックス」

整理収納アドバイザーおすすめの100均の収納アイテムは、ダイソーの『積み重ねボックス』です。

半透明の積み重ねられる『積み重ねボックス』は、バラバラしがちな細かいモノを仕分けて収納するのにちょうどいいサイズ。さらに、ボックスの形も外側に広がる“フチ”がなく、並べて置いた際にフチ同士が干渉してスペースをムダにするということがありません。

また、半透明というのも高ポイント。家族が使うリビングやダイニングの収納は、どこに何があるかわかりやすいことが何より大切です。ラベリングなども高い効果を発揮しますが、半透明の収納アイテムは、うっすらと中身が透けて見えるため、それだけでもわかりやすいということがうれしいですね。

さらに、『積み重ねボックス』は、サイズのバリエーションが豊富。収納するモノに合ったサイズを選べるため、使うサイズが違っても同じシリーズの統一感が出て、すっきりした見た目を保てますね。

無印良品

4:洗面所などの水回りに「ひっかけるワイヤークリップ」

1つ目のアイテムは、無印良品のちょい足し収納グッズの定番中の定番ともいえる、『ステンレスひっかけるワイヤークリップ』。

置いておきたいものをクリップで挟むことで、どこにでもサッと引っ掛けておけるのでとても便利です。

とくにおすすめしたい使い方が、お風呂など水気が多い場所で、チューブタイプの洗顔料などを吊るして収納する方法。

掃除がしやすく、水気も切りやすいですよ。

また、キッチンの引き出しに入れたファイルボックスの縁にハンドクリームを引っ掛けて収納することもできます。

5:小物も「ファイルボックス用ポケット」で整理整頓

続いては、こちらの『ポリプロピレンファイルボックス用・ポケット』。

これはファイルボックスに組み合わせて使う用途で発売された商品で、ちょい足し収納の新定番ともいえるアイテムです。

上の写真のように、お皿収納用のファイルボックスと組み合わせて使うのがおすすめ。

写真では、そこに無印良品の『シリコーンスクレーパー』を入れて収納しているのですが、見事にサイズがぴったり!

形状的に収納しづらいスクレーパーを収納するのにとても役立ちます。

6:引き出しの仕切りにも!「ポリプロピレン 整理ボックス」

続いては、キッチン収納などで使われることが多い『ポリプロピレン 整理ボックス』シリーズ。

無印良品の良いところは、このように縦置き・横置きを組み合わせてもぴったりはまるモジュールに計算されつくされていること。

収納ボックスの一番重要なポイントは“収納したい場所にぴったりフィットする”かどうか。そのため、無印良品の整理ボックスシリーズはとても重宝します。

食器棚のグラス収納にも、縦長タイプの整理ボックスを活用。

食器棚の奥の方は前の物をどけてからでないと取りづらいのですが、この方法なら簡単に奥の物も出せます。こちらも整理ボックスのサイズ感が本当にちょうどいいんです。

長いので食器棚の奥行きにも対応してくれるのに加え、横幅もグラスを伏せて置けるだけのサイズがあるので使いやすいですよ。

IKEA

7:大きめサイズのものは「SKUBB」でシンプルに

IKEAの『SKUBB(スクッブ)シリーズ』の収納ケースといえば、「どんなものでも形を四角く整えて、さらには立てて収納できるから取り出しやすい!」と、布団やオフシーズンの衣類の収納などに人気ですね。

そんな、形を整えにくいものをギュッと整えて収納しやすくしてくれる『SKUBB』。実は、クリスマスツリーの収納にも便利なんです。

段ボール箱に入れたままでは、虫やカビのもとになりやすく、かといって、そのままむき出しではホコリをかぶりやすいボサボサとしたクリスマスツリー。

大きいタイプもこの通りコンパクトにまとまります。さほど大きくないタイプのツリーなら、バラバラと細かいオーナメントも一緒にまとめて四角くスッキリ収納してもいいですね。

8:出しやすくしたいけど隠したいモノは「VARIERA」

IKEAといえば『VARIERA(ヴァリエラ)』のボックスも人気。丈夫なプラスチック製で、持ち手用の穴が空いているので、引き出し収納に使いやすい商品です。

中でも、細々としたものが多くなりがちなトイレや洗面所におすすめ。

真っ白なカラーは、中身を見せたくないものを隠す収納にも便利なので、サニタリーアイテムなどもスッキリ収めてくれます。小サイズは、市販のサニタリーアイテムの高さや容量にぴったり合うことが多いですよ。

9:「ファイルボックス」でコードもすっきり

『IKEA』のおすすめアイテムはファイルボックス。

ファイルスタンドタイプの形は斜めになっていて書類やクリアファイルも抜き差ししやすく、様々な収納に便利! デザインもおしゃれなものが多く、収納アイテムでありながら、インテリアグッズとしてもおすすめです。

画像のようにコンセントを隠すものとしても使えたりと活用方法は無限大。

 

どのアイテムも部屋の雰囲気を壊さないシンプルさと、使い勝手のよさを兼ね備えたものばかり。

コスパも抜群なので、これを機に収納用品を見直してみてはいかがでしょうか。


※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング