生活感の原因はコレかも!? 「コンセント&ケーブル」の上手な隠し方3つ

GATTA / 2019年9月17日 21時0分

写真

ごちゃごちゃしがちなコンセントまわり。せっかくインテリアにこだわったお部屋も、整っていないプラグやケーブルが丸見えでは生活感が出てしまいますよね。

そこで今回は整理収納アドバイザーのmaikoさんが、コンセントまわりの“生活感の隠し方”をご紹介します。おしゃれな家具やインテリアを整える前に、まずは生活感を上手に隠していきましょう!

1:定番のケーブルボックスを使って

コンセントまわりをすっきり見せるアイテムといえば、やはりケーブルボックスですよね。テレビなど、特に配線がごちゃごちゃしてしまう場所には、ケーブルボックスが活躍します。

テレビの裏からはみ出て絡み合ったケーブル類は、お部屋のイメージをごちゃごちゃした印象にするだけでなく、ホコリもたまりやすくなってしまいます。ストレスの元になりがちですよね。そんなケーブル類がボックスに収まりすっきりすれば、お部屋の印象が整ったものになり、掃除の手間も省けます。

また、ケーブルボックスを使わなくても、お部屋のテイストに合わせて、カゴを使うのもおすすめ! ケーブルをカゴにまとめて、ホコリよけの布をかけるだけでインテリアの一部としても楽しめますね。

2:ポスターフレームやファブリックボードを使って

インテリアアイテムとして活躍するポスターフレームやファブリックボードは、コンセントプラグを隠すのに大活躍!

お部屋によってはコンセントの数が少なく、タコ足になってしまうことも多いかと思います。そんなときには、プラグが多くなったコンセントの前に、ポスターフレームやファブリックボードを立てかけるだけで、手軽にすっきりさせることができますよ。

コンセントプラグを隠して生活感をなくすだけでなく、インテリアのポイントになってくれるので、すてきなお部屋の雰囲気づくりに役立ちます。

3:ファイルボックスを使って

収納アイテムとして愛用者の多いファイルボックスですが、こちらもアイデア次第でコンセントまわりをすっきり見せてくれます。

大きさのあるファイルボックスなら、かさばるルーターなどの機器類をすっぽり隠すことが可能。存在感のあるルーターを隠せば、お部屋の生活感をグンと減らすことができますね。

 

お部屋に必ずといってもいいほどあるコンセントですが、生活感を生み出してしまうちょっとやっかいな存在。上手にコンセントまわりをすっきりさせ、お部屋をおしゃれでストレスのない空間にできるといいですね。

【画像】
※Sawangkaew、rattiya lamrod / Shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング