ショートヘア必見!美容師直伝「毛先がはねにくくなる」スタイリングのコツ

GATTA / 2019年9月20日 21時0分

写真

スタイリングをする際、“毛先がはねる”ことを気にしているショートヘアの方が多いのではないでしょうか。ショートヘアは髪が短い分“はね”が目立ちやすくなり、髪の毛がまとまりにくくなってしまいます。片方はうまくまとまるけど、片方ははねてしまう……なんてことも。

そこで今回は美容師のナカイヒロキさんが、毛先をはねにくくするコツがご紹介します。

ショートヘアの毛先がはねてしまう理由

毛先がはねてしまう理由の1つに、“髪の乾かし方”が正しくない場合があります。

ドライヤーで髪を乾かす人が多いと思いますが、顔側から後ろに向かって風をあててしまっていませんか? 実は、この髪の乾かし方はNG。

ドライヤーの風を顔側から後ろに向かってずっとあてていると、髪の根元が潰れて、毛先が跳ねやすくなってしまうんです。

ショートヘアの正しい乾かし方STEP3

STEP1:髪は根元から乾かす

ふんわりシルエットのショートヘアが理想ですよね。ふんわりしたボリューム感を出すには、髪を乾かす順番が大切です!

ショートヘアは、髪の根元を乾かしてから毛先を乾かすようにしましょう。

STEP2:起こすように乾かす

髪を乾かす順番も大切ですが、“どんなように乾かす”かも大切。

髪の根元に指を入れながら、ドライヤーで乾かすようにしましょう。そうすることで髪の根元が立ち上がり、ふんわりしたシルエットに。

髪の根元が立ち上がることで、毛先が内側に入りやすく、結果的にはねにくくなります。

STEP3:左右さまざまな方向にむかって乾かす

顔側から後ろに向かってドライヤーで乾かすと、髪の毛先がはねるのは“一定方向”にドライヤーの風をあてていることが一因かもしれません。

ドライヤーの風は一定方向ではなく、さまざまな方向からあてるのがポイント。さまざまな方向から風をあてることで、髪の根元のクセがとれて、収まりがよくなります。

最初は分け目とは逆に向かって乾かして、ある程度乾いたら流したい方向に向かって風をあてるようにしましょう!

 

スタイリングを上手に仕上げるために、まずは“髪の乾かし方”を見直しましょう。少しの工夫で、憧れのシルエットが叶うかも!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング