美容師が教える!黒髪でもこなれ見えが叶うショートヘアスタイル4選

GATTA / 2019年10月6日 21時30分

写真

近年、ショートヘアブームが到来していること、お気づきでしょうか?

しかしこのショートヘア、髪が明るいならまだしも、黒髪では「幼くなってしまう」「重く見えてしまう」とネガティブなイメージを持つ方が多いのでは?

そこで今回は、現役美容師の宮ヶ迫一成におしゃれ見えが叶う黒髪ショートヘアを紹介してもらいました。

ショートヘアに苦手意識を持っている方も、これを読めばすぐにトライしたくなるはず……!

1:誰でも似合う!短めグラデーションボブ

近年、定番になってきているショートスタイルがこの“グラデーションボブ”。

重くなりやすい通常のショートボブよりも、柔らかい印象に見せてくれます。

後ろのボリュームの位置を変えることで、さまざまな骨格の方でも似合わせが可能に。

日本人に多いハチ張り、絶壁さんもこれなら上手にカバーできますよ。

2:黒髪ショートの定番!前下がりボブ

黒髪ショートヘアの定番スタイルといえば前下がりボブ。

前下がりラインを段差なく切りそろえることで、大人っぽい印象になります。

前髪を重くつくると、幼さの残るミステリアスなイメージになるので、こなれた感じを出すのであれば、前髪なしかシースルーバングがおすすめ!

3:個性が光る!刈り上げショート

「黒髪だからこそ少し攻めたヘアスタイルにしたい」そんな方には、刈り上げるという選択肢もあり!

刈り上げは根本のプリンが目立ちやすいのでヘアカラーをしている方にはおすすめしづらいですが、黒髪なら好相性です。

この秋は、さりげなく攻めた刈り上げスタイルで、個性を出してみては?

4:大人っぽさを出したいなら!センターパートスタイル

(2)で説明したように、前髪を重くつくりすぎてしまうと幼い印象になってしまいます。

童顔な方には、前髪なしのセンターパートスタイルがおすすめ。前髪をかき上げたり、分けたりすることで、ぐっと大人っぽい印象になります。

コテやパーマでカールをつけておくと、よりこなれた印象になりますよ。

 

黒髪ヘアのこなれポイントは、前髪のつくり方、毛先の質感の見せ方、大人っぽいシルエットのつくり方の3つ。

パーマでカールをつけるのもありです! ぜひ参考にしてみてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング