それ本当に必要?玄関からなくしてラクになった「意外なモノ」3つ

GATTA / 2019年10月15日 22時0分

写真

靴に限らず、家族それぞれの細々としたモノで散らかりやすい“玄関”。

開け閉めのたびに、屋外から汚れが入りやすい場所でもあります。

小さなスペースでもあるので、少しでもスッキリさせようと、玄関には厳選したモノしか置かないように気をつけている方も多いでしょう。

けれど、インテリアブロガーのsumikoさんによると、その必要最低限と思い込んでいる玄関グッズのなかにも、実は減らすとラク家事につながるモノがあるのだとか。

今回はそんなアイテムを教えてもらいました。

1:傘は立てないほうがラクだった!

玄関で存在感のある大物のひとつといえば、傘立て。

よくよく考えてみると傘を利用する頻度はさほどないというのに、長傘の収納された傘立ての取るスペースは相当なものです。

また、底の部分にもゴミがたまりやすく、傘立て自体を清潔に保つのもかなりの手間がかかりますよね。

そんな傘立て、本当に必要でしょうか?

たとえば、収納扉の裏などを利用して傘を収納してみれば、見た目もスッキリ!

傘濡れたまま突き刺して放置しがちだった傘立て収納のときに比べて、濡れたまま入れられない扉裏なら、サッと広げて数時間乾燥をさせて、ジャマだからすぐに扉裏へ片付ける。

そんな片付けの流れが、自然にできるようになりますよ。

2:来客スリッパは、出しっ放しにしなくていい

毎日たくさんの来客が絶えないお宅の場合には、“来客用スリッパラック”は、すぐにスリッパの出し入れができて本当に便利。

しかし、さほど来客のない場合、サッと出しやすいスリッパのために、毎日毎日ホコリをはたいたり、拭き掃除したり……。

出しっ放しのスリッパは、意外と手間がかかるものです。

スリッパラックがなくたって、収納扉裏にスリッパを引っ掛けるポールを取り付ければ、来客時もスムーズ。

さらにもっと簡単に、ただボックスに入れて収納内に片付けておくだけでも、取り出しにくい奥へしまい込まなければ、さほど来客時に慌てることもないですよ。

3:ほうきとチリトリだって、意外な代用品で不要になる

これもまた、玄関には当たり前に必要と思っていた掃除道具。

小さなほうきでは掃除がしにくいので、やはり筆者も、狭い玄関だというのに普通サイズのほうきとチリトリのセットをしっかり置いていました。

けれど、小さな砂つぶを時間をかけて掃き集めることに嫌気がさしたあるとき。

100円ショップのノズルを玄関専用にして付け替えて、掃除機で掃除してみたら、これが快適!

とくに集合住宅は、外に置くことができず、玄関内で場所をとっていることは多々あります。

思い切って掃除機に変えてみたら、玄関に置く必要があるのは、小さなノズルだけ!

さらには、室内掃除の延長でサッと済ませられるので、玄関掃除のハードルが下がって、きれいをキープしやすくなりました。

 

どこのお宅でも当たり前に置いているグッズのなかにも、このように見直してみると、実は必要のないモノだったりすることもあるものです。

それらを思い切ってなくしてみたら、掃除がしやすくなって、そのモノ自体の手入れの手間がなくなるのはもちろん、思いがけないプラスの効果があることも。

ぜひ、小さな玄関スペースからチェックしてみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング