運動嫌いでもお腹痩せを目指せる!? 寝たまま「起き上がらなくていい」楽トレ

GATTA / 2020年10月20日 20時30分

写真

お腹をすっきりさせたいと思っていても、”腹筋が嫌い”という苦手意識で諦めていませんか? お腹の引き締めには“腹筋”が不可欠と思っている方、意外と多いんです。ですが、お腹周りをすっきりさせるのに、どうしても腹筋が必要なわけではありません!

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、寝たまま起き上がらなくていい“お腹痩せを目指す”トレーニングを教えてもらいました。腹筋に苦手意識を持った運動嫌いさんも、きっとこのトレーニングなら続けやすいはず!

まずは「骨盤のポジション」をチェックしよう

このエクササイズをするときにしっかり意識したいのは、骨盤のポジション。腰を痛めないためには必須条件です!

ポジションチェックをするのとしないのとでは、効果自体も変わってくるので、まずはここから意識してみてください。

3

出典: GATTA

(1)仰向けに寝て、両ひざを曲げた姿勢になります。

(2)背中から腰を床に押し付けるようにして、腰と床の間に手が入る隙間ができないようにしましょう。

(3)お腹を触ってみて、硬くなっていたらOK!

運動嫌いでも続けやすい!? 寝たまま「お腹の引き締め」を目指すトレーニング

1

出典: GATTA

(1)ポジションチェックが終わったら、その状態を維持したまま、両脚を天井方向へ持ち上げます。

(2)足首あたりで両脚をクロスします。

(3)両腕は体側へ下ろします。

2

出典: GATTA

(4)息を吸います。

(5)息を吐きながらお腹の力でお尻を持ち上げ、下腹を肋骨の方向へ近づけましょう。

(6)このとき、下半身を真上に持ち上げるのではなく、みぞおちのほうへ下腹を引きつける感覚を意識してください。

(7)息を吸いながら、お尻を床に下ろします。

(8)どうしてもきつい場合は、お尻の下にクッションを敷き、補助をすると楽になりますよ。

(9)10回を3セット行いましょう。

 

このトレーニングで一番大切なのは、骨盤とお腹のポジションです。

腰をそらした姿勢のまま行うと、腹筋ではなく腰の力で持ち上げることになり、腰を痛めてしまう可能性があります。難しいときは、お尻の下にクッションを敷き、補助をすることでやりやすくなるはず! ぜひ試してみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング