想定外に便利だった!玄関に置きたい「意外な使い道で活躍する」収納グッズ3つ

GATTA / 2021年1月2日 22時0分

写真

本来は違う場所で使うべきグッズでも、視点を変えて別の用途で使ってみたら意外と使いやすかった! そんな想定外の発見は、うれしいものですよね。

特に収納グッズに関しては、間取りの違いだけでなく、人それぞれの使い方によって便利に感じることはさまざま。たとえその場所専用の収納グッズであっても、少しでも使いづらさを感じるなら自分の暮らしに合っていないということです。

そこで今回はインテリアブロガーのsumikoさんに、“玄関収納”を例に専用以外のグッズのほうが逆に使いやすかったモノを教えてもらいました。

1:マスクの収納に「ウェットシートケース」

マスク収納

出典: GATTA

今や外出時につけることが必須になったマスク。衛生的にスッキリ収納したいけれど、使用頻度が高いため、取り出しやすく目につく場所におきたいものです。

理想的なマスク専用の収納グッズなどもありますが、家族のサイズ別に購入するのは躊躇しますよね。

そんなときは、ホームセンター、3COINS、無印良品など身近なショップでも取り扱いがある『ウェットシートケース』がおすすめです。

ウェットティッシュケース

出典: GATTA

お手頃な価格で手に入りやすく、今後マスクの収納が不要になったら本来のウェットシートケースに転用できるのもいいですね。

2:小物が多い玄関の引き出し代わりに「ファイルボックス」

ファイルボックス

出典: GATTA

「扉を開けると棚ばかり」といった収納の場合が多い玄関。”雨具”や“エコバッグ”など、引き出しにグループごとに収納したいモノの収納には、カゴやボックスを使うと便利ですね。

けれど、棚板間隔が広くて上の空間が無駄に余ってしまう場合も。

玄関収納イメージ

出典: GATTA

そんなときは高さのある“ファイルボックス”を使うと効果的。棚板と棚板の間を細かく区分けした引き出しのように使えます。

汚れても水拭きできる素材なら玄関周りでも安心ですね。

3:靴箱専用より丈夫でずれにくい「すべり止めシート」

すべり止めシート

出典: GATTA

靴底を直に乗せると汚れやすい玄関収納の棚板。けれど、汚れをガードするために靴箱専用のシートを使っても、ずれやすかったり、ヨレヨレになりやすかったり、と使いづらいモノが多いですよね。

そこでおすすめなのが、ニトリの『抗菌すべり止めシート』です。

靴箱イメージ

出典: GATTA

表面の凹凸ですべり止め効果があるため、パッケージ写真では食器棚の使用に推奨されているよう見える商品ですが、靴箱にも最適なんです。

水洗いも可能というしっかりした素材。そのために張りがあるのでずれにくいんです。筆者宅では、裏返してすべり止め効果のある面を下にしているため、さらにすべりにくく快適ですよ。

 

使いづらい収納を解決するときは、“専用”のグッズに限らず活用できるモノがたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング