1日の疲れはその日にリセット!「体をぐっと伸ばすだけ」簡単ヨガ

GATTA / 2018年2月13日 22時30分

写真

1日の終わり、お風呂から上がってひと息ついたら、そのままベッドに倒れ込むように眠りたいところですね。でも、それでは疲れを翌日に持ち越してしまうことにもなりかねません。

そこで今回は、ヨガインストラクターである筆者が、寝る前に少し体を伸ばすだけで1日の疲れを癒すエクササイズをご紹介します。

寝る前に心と体をリラックスさせることは、質のいい睡眠につながり、翌朝の目覚めをスッキリさせることにもつながるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

猫背姿勢と丸まった肩をリセット

仕事や家事に根をつめると、いつのまにか背中や腰が丸まり、肩が前方へ丸まった老けた姿勢になります。

まずは肩周りスッキリとリセット。華奢な印象も取り戻せます。

(1)座った姿勢でも、立った姿勢でもOK。両腕を上げ、両手を頭上でクロスし、両手のひらを合わせます。

(2)両腕はできるだけ頭のうしろへ。息を吸いながら両ひじを気持ちのいいところまで伸ばします。

(3)さらに息をはきながら、両腕を後方に引いていきます。

(4)気持ちのいい場所で、10秒キープ。

(5)一度腕を下ろし脱力したら、再び腕を引き上げて同じポーズをつくってください。

(6)これを3〜5回程度繰り返しましょう。

 

腰回りの疲れと、歪みリセット

脚を組むくせや、机に対して体を斜めにして座るくせがあるかたは、左右のバランスが崩れやすいです。腰をひねって気持ちよくリセットしましょう。強度を加えれば、ウエスト周りのケアにもなりますよ。

(1)仰向けに寝ます。

(2)両腕は楽な位置で左右に開いておろしましょう。

(3)右脚を伸ばし、左足のうらを右膝の上あたりにのせます。

(4)息を吐きながら、下半身を腰からひねるように右方向へ倒します。上半身は反対方向へひねるようにして、目線は左手の指先あたりに。

(5)気持ちいい位置で、ゆっくり深い呼吸を心がけながら30秒程度キープします。

(6)ウエストシェイプのケアのためには、右方向に下半身を倒したとき、左足の上に右手をのせて押さえ、ひねりを強めてくださいね。

(7)一度ポーズをといて脱力します。

(8)反対側も同じようにおこないます。

 

夜のくつろげる時間は、心と体をリラックスさせるチャンス。気持ちいいと感じる程度の刺激で体を伸ばしてみてください。

ちょうどいいポイントや強度は日によって変わるものです。その日に合わせて、癒しを感じられる位置でケアしてあげましょう。

GATTA(ガッタ)

トピックスRSS

ランキング