ポイントはツヤ感!たった3ステップで「絶妙な垢抜け顔」をつくる方法

GATTA / 2018年4月4日 22時0分

写真

何だか代わり映えのしないボヤっとメイク。アイメイクやリップに春コスメを使っても、パッと明るい顔にならない理由……それは、垢抜け肌に必要なツヤがうまくつくれていないせいかもしれません。

そこで今回は、トレンドの濡れツヤ感を盛り込んだ垢抜け肌のつくり方を、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

1:みずみずしさは「仕込み」が肝心

濡れツヤ肌を作るには、メイク前の仕込みがカギとなります。どんなにハイライトなどでツヤをつくったとしても、お肌が乾燥していてはカサつきを隠しきることはできません。

化粧水はハンドプレスでしっかりとお肌への保水をして、土台からうるっとさせておきましょう。逆に、フタとなるクリームは薄めでOK。手のひらに広げて、化粧水と同様にハンドプレスでつけるとちょうど良い薄付きになるはずですよ。

 

2:リキッドとコンシーラーで「色ムラ」をしっかりオフ

今回はお風呂上がりのようなツヤ肌をつくりたいので、使うファンデーションはリキッドファンデーションがマストです。そして“ナチュラルメイク”と“雑なベースメイク”は全く違うので、くすみやクマ、色ムラはしっかりカバーしておきましょうね。

特に目元のくすみは疲れた印象を与えるので、垢抜け肌をつくる上ではオフしておきたいところ。目の下は、しっかりコンシーラーでカバーしておきましょう。

さらに、頬の高い位置のキメを整えておくことで肌がより美しく見えるので、パウダーファンデーションでなめらかにしておくと良いですね。ワンランクアップした垢抜け肌につながりますよ。

 

3:主役のハイライトは「のせ方」が重要

いよいよクライマックス! 垢抜け肌のツヤをつくる主役アイテムは、やはりハイライト。垢抜け肌では濡れツヤ感を出したいので、パウダータイプのものよりリキッドやオイルタイプのものがオススメです。

さらに重要なのは“ハイライトをのせる位置”。濡れツヤがトレンドといえども、のせすぎるとツヤではなくテカりに見えてしまって逆効果になってしまいます。

ハイライトは、頬の高い位置と目元の間にあるくぼんでいる部分、さらに鼻頭、鼻先、顎先にのみのせましょう。この位置が絶妙に垢抜け肌を生むので、しっかりチェックしておいてくださいね。

 

垢抜け肌に必要なのは、ネガティブなものをしっかりカバーしつつ、絶妙な濡れツヤ感を出すこと。

メイクといえばアイメイクやリップに着目してしまいがちですが、今季はベースメイクにもこだわってみて!

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング